夢の出来事

睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠がある。レムは眠りが浅い状態、ノンレムは眠りが深い状態。夢を見るのはレムの時らしい。眠りが浅い状態だから目覚めやすい。人の夢と書いて「儚」。眠っている時が一番幸せだと思うときもある。儚くても希望を繋ぎ止めてくれる夢が有り難い。

では、先週の折々雑感です。

■この一首は、それまで現実から目を背け続けてきた啄木が、一瞬にして現実を「見た」際のものだそうです。

しとしと降る雨。夢を見ていた。母と叔母と出掛けていた。いつの間にか母をおんぶしていた。これが本堂だよと自分で教えたのだが、どこの寺なのか思い出せない。中学時代、石川啄木を愛する担任の先生に暗記させられた一首を思い出した。たはむれに母を背負ひて/そのあまり軽きに泣きて/三歩あゆまず
(2019.6.24 Twitter@kokorogより)

■夢に出てきた鳥を調べてみたのですが、結局分かりませんでした。夢の中で、幻を見たか…

今日は久しぶりに休暇を取ったので、いつもの時間に目覚めた後、しばらくベッドでゆっくり過ごすことができた。そういえば、夢の中で、首に黒い2本の線のある、大きな白い、モフモフの3羽の鳥が出てきた。白い鳥は夢占いで、金運アップや仕事運アップなど幸運を意味しているらしい。正夢と信じたい。
(2019.6.27 Twitter@kokorogより)

(2019年6月30日掲載)
スポンサーリンク
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
記事検索


Copyright © 2007-2019 「うつ」の心に癒しを。