当世の夏、逃げるが勝ち-他

立秋がとっくに過ぎた列島に、台風一過、厳しい残暑がやって来た。土日の仕事が今は外回りでないのを幸運に思う。平日の1時間繰り上げ出勤「スムーズビズ」が明日まで。僕には合っている勤務パターンだったのに、残念。早朝の空気に、少し秋を感じるのは、気のせいだろうか。

では、先週の折々雑感です。

■お墓を掃除していたら、一人で墓参に来ていた男性が、空を見上げ「仏様のお蔭ですね」と私たちに声をかけて通りすぎて行きました。

昨日久しぶりに祖父母と父のお墓参りに出かけた。雨が降っていたのだが、着くと青空になり激しい日光が降り注いだ。石の間から雑草が逞しく自生して抜くのに一苦労したが、それまでもやもやとしていたものが、少しだけ汗によって流されたような気がする。今日からお盆。超大型台風10号が心配される。
(2019.8.13 Twitter@kokorogより)

■先日、新潟県上越市で最高気温が40℃に達し観測史上1位を更新しました。令和初の40℃台だといいます。そういえば、「平成最後の」に続き、この元年においては、すべての出来事が「令和初の」というプレミアム付となりますが、目出度いものであってほしいと思います。

台風10号が西日本を縦断して日本海へ抜けた。千葉は時折雨や風が強くなるくらいで影響はなかったが、西日本では交通機関が大きく乱れ、負傷者も相次いだ。台風一過、各地で猛烈な暑さとなるようで、次の「災害」がやって来る。「夏ばて」は「夏負け」の俗な言い方だとか。当世の夏は、逃げるが勝ち。
(2019.8.16 Twitter@kokorogより)

(2019年8月18日掲載)
スポンサーリンク
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
記事検索


Copyright © 2007-2019 「うつ」の心に癒しを。