恨めしや、台風15号

電柱2000本を倒壊させるなど、甚大な爪痕を残した台風15号。過去最強クラスの台風だったから仕方ないでは済まされない。近年災害大国となった日本が、災害対策後進国では、心許ない。希望の持てない国だとしたら、幼保無償化などしても、少子化に歯止めは掛けられない。

では、先週の折々雑感です。

■予報どおり過去最強クラスの勢力を維持したまま関東を通過しました。上陸した千葉市では、観測史上最大の瞬間風速57.5mを記録。おまけに猛暑となり、ぐったりの一日でした。

また夜中に目が覚めた。台風15号が通過中だ。猛烈な風が吹き荒れ、家が揺れる。猛烈な雨がガラス窓を叩きつける。時々停電し、警報が鳴る。ラジオ深夜便の歌の特集は「昭和55年の流行歌」。沢田研二の往年の名曲『TOKIO』が流れていた。♪空を飛ぶ、街が飛ぶ、スーパー・シティが舞いあがる♪
(2019.9.9 Twitter@kokorogより)

■その後、義母の住む地区でも停電が復旧し、久しぶりの自宅でゆっくり眠れただろうと思います。

台風15号が上陸した千葉。その千葉で大規模な停電が続いている。しかも弱り目に祟り目、猛暑日や真夏日が続き、断水も発生し、一部で交通遮断も続く。熱中症で亡くなる人も相次ぐ。義母の家も停電に見舞われ、我が家に“避難”して来ている。義母にとっても苦痛だろうけれど、一日も早い復旧を願う。
(2019.9.12 Twitter@kokorogより)

(2019年9月15日掲載)
スポンサーリンク
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
記事検索


Copyright © 2007-2019 「うつ」の心に癒しを。