認知症治療薬、PTSDに有効

東京大学は2019年8月2日、研究成果として、アルツハイマー型認知症の治療薬「メマンチン」(商品名は「メマリー」)をPTSDモデルマウスに投与したところ、トラウマ記憶の忘却とともに、トラウマ体験による精神症状(不安の亢進)までもが改善されることを見出したと発表しています。

研究グループは、マウスでは脳の海馬で起こっている神経細胞の新生(神経新生)を促進すると記憶が忘却されることに着目し、この記憶忘却効果によるPTSDの改善方法の開発に取り組んできました。

今回、PTSDモデルマウスに対し、メマンチンを1週間毎に計4回投与した結果、メマンチンを投与されたマウスはPTSD発症の原因となった威嚇行動を示す大型マウスに再び近寄る行動を示すようになり、メマンチン投与による社会忌避記憶の忘却が認められ、また、別の課題によって不安行動も改善されていることが認められています。

PTSDの有効な治療法としては「持続エクスポージャー療法」が知られていますが、長期間を要し、また、患者と医師双方に大きな負担がかかるとされています。今回の研究により、メマンチンを用いるPTSD治療法の有効性が示唆されたことから、今後、患者や医師の負担が少ない治療法として確立されることが期待されます。なお、現在、国立精神・神経医療研究センターにおいてこの治療法を用いた臨床試験が行われています。

【出典】
東京大学 研究成果

◇雑感
既存の認知症治療薬を用いてPTSDの治療が可能になるかもしれない。認知行動療法も有効なのだろうが、精神的時間的負担が重い。震災だけではなく最近の台風による風水害もPTSDの発症原因になり得る。災害大国の日本だからこそ、心のケアにも万全を期してほしいと思う。

<関連記事>
PTSD、トラウマ直後のケアが重要
PTSDに漢方薬が有効

(2019年10月15日掲載)
スポンサーリンク
この記事へのコメント
1. Posted by 青ちゃん   2019年10月15日 18:54
どすこいさん

ふとしたことがきっかけで
涙が止まりません。

季節も関係あるんですかね?
去年も同じようなことがありました。

でも、今は通院を止めてしまったので、
途方にくれています。

ごめんなさい。
ここしか吐き出す場所がありませんでした。
2. Posted by 運営者どすこい   2019年10月16日 06:37
青ちゃん

朝晩、肌寒くなりましたね。「秋思」という言葉もありますし、季節も関係しているのでしょうね。ところで、通院を止めたのですか。思い切って再開を検討してみてはいかがでしょう。

とにかくいつでもここで吐き出してくださいね。
3. Posted by 青ちゃん   2019年10月21日 10:05
どすこいさん

病院は、医師の方から転院して欲しいと言われたので、別の病院を探すところから始めなければならず、かと言ってその気力もありません。

会社の健診で要再検査となり、
今日結果を聞きに行きました。
良性ということで、本来ならホッとするところなんでしょうが、心のどこかで逆だったら…と思っていた自分がいます。

こんなこと言ってはいけないのだけれど、
病気だったら許してもらえるかなあ…と。
私の寿命はまだ続くのだから、最後まで生を全うするべきなんですよね?
でも、いい加減解放して欲しい…という気持ちを、拭い去ることが出来ません。

一生懸命自分を奮い立たせて、
これは自分にとって意味のあることなんだ…と言い聞かせながら、何とか踏ん張ってきたけれど、もう、休ませて欲しい…

私に関わる人達との繋がりを一切絶ってしまえば、見える景色も違うのかもしれません。
でも、私はそれが出来ない。

"あなたは、周りの人達に
何をしてもらいたいのですか?"
高校生の頃、担任にこう言われました。
当時も答えられませんでしたが、
今も変わっていないかもしれません。

ただ、辛い。
子供たちの前で平気を装っても、
彼らはちゃんと見抜いてる。
それでも何も言わない。
私を気遣って黙っているのか、
ほとほとうんざりしているのか…

何年経っても自信が持てません。
弱虫な母です。
4. Posted by 運営者どすこい   2019年10月21日 19:53
青ちゃん

医師の方から転院して欲しい…
そうだったんですね。とにかく良性で何よりでした。

お子さんたちは、青ちゃんを気遣っていると思いますよ。なんとなく独り相撲をしているように感じるのですが、もしそうだとしたら、それをなるべく抑えられるといいのですがね。
5. Posted by 青ちゃん   2019年10月22日 10:58
どすこいさん

どうして自信を持てないのか…
刷り込みなんですかね。

どれだけ迷惑かければ…
あなたが出来ないから一生懸命やっているのに…これまで繰り返されたこの言葉が、私を縛り付けているような気がします。

もういい大人なのだから、評価などどうでもいいことのはずなのに、いまだに誉めてもらいたいんですかね…

子供たちが可哀想…この言葉に本当に苦しんだ。そう言われる度に、自分を全否定されているようで、必死になっていました。

いい母親になりたい…それは裏を返せば、
私はこの人のようにはならない…その一心だったのかもしれません。
向き合う相手が違っていました。

寂しいです。
何を話しかけても苦笑いするだけ。
昔(幼い頃)のことなどどうでもいい…そう言われて、成長したのだ、今を精一杯生きているのだ…頭では分かりきっているのに、

私は何を焦っているんだろう…

自分自身が回復を実感出来るようになったのに、今度は年齢から来る不調に悩まされ、
思っていることの半分も出来ない。
19年…単純にそれだけ年を取り、
失った時間の大きさに空しさを感じています。

長文すみません。
6. Posted by 運営者どすこい   2019年10月22日 16:31
青ちゃん

人から誉められたいという気持ちは、私もそうですが、いくつになってもあるものだと思いますよ。同じようにお子さんたちにもそういう気持ちがあるはずですから、青ちゃんから何気なく誉めてみてはどうでしょうかね。
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
記事検索


Copyright © 2007-2019 「うつ」の心に癒しを。