7回目の心療内科卒業記念日-他

1月17日、6434人が亡くなった阪神・淡路大震災から25年を迎えた。今から47年前に刊行された小松左京氏の『日本沈没』。高速道路の崩壊が描かれたが、専門家からは非現実的だと批判された。だが、現実となった。日本を“沈没”させるのは、教訓の風化かもしれない。

では、先週の折々雑感です。

■誰しも、あの3.11の時と同じように、今日もまた、大地震が起きようとは夢にも思わず、出勤することになるのでしょう。

今朝、下から突き上げる地震で目が覚めた。今回も茨城を震源とする地震で、先月から関東北部を震源とする地震が相次いでいる。30年以内に70%の確率で起こるとされる首都直下地震。今この瞬間に起きてもおかしくない状況だというのだから、安穏としていられない。が、一歩家を出れば忘れてしまう。
(2020.1.14 Twitter@kokorogより)

■7年前の1月15日にもらった、1枚の450円の診察料の領収書が、私の“卒業証書”です。

毎日の電車の遅延にイラつく。人身事故、線路内人立ち入り、急病人救護、車両点検、異音の確認、お客様混雑…自分は時間通りに行動しているのに、公共交通機関が遅れるとは許せない。と、まあ、不道徳だが、ある意味で精神状態が健全な証しなのかもしれない。さて、今日は7回目の心療内科卒業記念日。
(2020.1.15 Twitter@kokorogより)

(2020年1月19日掲載)
スポンサーリンク
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
記事検索


Copyright © 2007-2020 「うつ」の心に癒しを。