新型肺炎の脅威

以前夢の中で言われたことを、昨夜の夢の中で思い出すシーンがあった。やはり夢は「内なる別の現実」なのか。新型肺炎に関しWHOが緊急事態宣言を出した。スーパーでもマスクが売り切れる異常事態となっている。覚める悪夢ならいいが、悪夢が現実となると、世にも恐ろしい。

では、先週の折々雑感です。

■潜伏期間中にも感染するという今回の新型コロナウイルス。2003年に中国広東省を起源としたSARS(重症急性呼吸器症候群)の新型コロナウイルスとの大きな違いだそうです。

中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎が急速に拡大している。米国政府と同様、日本政府もチャーター機を派遣し在留邦人を帰国させる事態に発展した。ここに来て「パンデミック」が脳裏をよぎる。まさに邦訳の「感染爆発」、一瞬にして世界が変わりかねない深刻な局面ではないのか。
(2020.1.28 Twitter@kokorogより)

■新型肺炎の予防対策は、インフルエンザの予防対策と同様、手洗い(流水と石鹸による手洗い&アルコール消毒)、うがい、マスクだそうです。

武漢市からのツアー客を乗せたバスの男性運転手と女性ガイドが新型肺炎に感染していた。今回のニュースでもそうだが、いつも「濃厚接触」という言葉にひっかかる。「2m以内で30分以上会話」が濃厚かね。さて、東京五輪まであと176日。猛暑、大雨、大地震に加えて、新たな大きな脅威が出現した。
(2020.1.30 Twitter@kokorogより)

(2020年2月2日掲載)
スポンサーリンク
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
記事検索


Copyright © 2007-2020 「うつ」の心に癒しを。