春はもう目の前-他

神奈川県逗子で市道脇の斜面が崩落、高校3年の女子生徒が亡くなった。一瞬の出来事で避ける間もなかったのだろう。悲運の一言に尽きる。ご遺族の意向で氏名は非公表とされた。卒業を前に将来の希望を抱きながら亡くなった娘を、静かにそっと天国へ送り出したい。よく分かる。

では、先週の折々雑感です。

■柊鰯(ひいらぎいわし)とは、柊の枝に焼いた鰯の頭を刺した魔除けで、今ではあまり見かけなくなりました。

今日は立春の前日の節分。今年の悪鬼は、猛威を奮う目には見えないウイルスだろうか。柊鰯(ひいらぎいわし)も炒り豆もすり抜けて来るのだろう。ところで、昨日、一日早く職場で頂いた恵方巻を休憩時に食べた。いつもは軽く済ませる昼食だが、昨日は満足感たっぷり。滋養第一。さあ、春はもう目の前。
(2020.2.3 Twitter@kokorogより)

■執着のないさま「淡々」も、いつも意識しています。

ずっと前から知ってはいたが、最近「執着」という言葉を意識するようになった。僕は「しゅうじゃく」と読んでいる。「ある物事に心が深くとらわれて離れない」執着が、いかに日常を苦しめているか、なんとなく分かったような気がする。そうかといって、簡単に執着から解放されるわけではないのだけど。
(2020.2.6 Twitter@kokorogより)

(2020年2月9日掲載)
スポンサーリンク
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
記事検索


Copyright © 2007-2020 「うつ」の心に癒しを。