コロナうつに効くアプリ無料公開

朝日新聞社は2020年5月18日、日本における認知行動療法の第一人者で精神科医の大野裕医師監修のもと電通との共同で開発に取り組んでいる、いつでも・どこでも・誰もが・気軽に悩みを相談できるストレスケアアプリ「こころコンディショナー」について、そのパイロット版を期間限定で無料公開することを発表しています。

無料公開期間は2020年5月18日から同年7月31日までで、スマートフォンからURL(https://carechat-demo.kiku-hana.jp/)へアクセスして利用を開始することができます。

こころコンディショナー
(画像は発表記事より)

「こころコンディショナー」は、認知行動療法の考え方を取り入れ、気持ちが動揺したときに自分を取り戻し、期待する現実に近づく手助けをするサービスで、悩みをかかえながらも自分らしく生きていけるように導いてくれるといいます。

また、「こころコンディショナー」では、電通が開発したAI日本語自然対話サービスプラットフォーム「Kiku−Hana」を活用し、将来的にはAIとの自然な対話ができるサービスを目指しているといいます。

【出典】
朝日新聞社 発表

◇雑感
リモートワークが長く続いているせいか、最近なんとなく疲労感を覚えるようになってきた。これが「コロナ疲れ」というものか。世間では「コロナうつ」に悩む人も増えてきているという。「こころコンディショナー」にある大野先生の講義を聴くだけでも日常生活に役立つと思う。

<関連記事>
認知行動療法、重度うつにも有効
認知行動療法、脳にも変化

(2020年6月2日掲載)
スポンサーリンク
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
記事検索


Copyright © 2007-2020 「うつ」の心に癒しを。