「うつ」の心に癒しを。サイト開設にあたって

うつ病になると、激しく気分が落ち込み、無気力感が襲い、非現実的な悲観的な考えに陥ります。また、うつ病になると、自分を惨めに追い込み、自分を責め続け、もうこの先自分の人生はないも同然、光が全く見えなくなります。

近年、自殺者が毎年3万人を超えるという、非常に深刻な状況にあります。そして、自殺の原因の多くが、うつ病といわれています。うつ病は、中高年から小中学生に至るまで、幅広い層に広がっており、一刻も早い手当てが必要だと感じています。

私自身もうつ病を患い、長い間治療を続けています。(プロフィールは、「自己紹介」をご覧ください。)しかし、うつ病は、適切な治療を受ければ、時間はかかるかもしれませんが、いつか必ず治る病気だと私は信じています。

私と同じようにうつ病で悩み、もがき、苦しんでいる方へ、少しでもお役に立つ情報を発信できたらいいなと思っています。また、私は医師でもカウンセラーでもなく、お力になれるかも分かりませんが、うつ病の一経験者として、何かアドバイスを差し上げることができるかもしれません。下記連絡先へお気軽にメールをください。

なお、各地のクリニックの概要を「あなたの街の心療内科」として掲載していますが、特定のクリニックとは関係のない個人のサイトですのでご了承ください。

【追記】
2013年1月、心療内科を卒業することができました。

<連絡先>
dosukoi2@gmail.com※受信拒否設定等をしている場合は、このアドレスからのメールが受信できるように設定の変更をお願いします。

(2013年1月15日更新)
スポンサーリンク
この記事へのコメント
1. Posted by 運営者どすこい   2018年01月01日 18:03
明けましておめでとうございます。
2018年の一年が、皆さまにとって良い年でありますように。

今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
2. Posted by すっぱ   2018年01月01日 19:04
あけましておめでとうございます。
昨年はお世話になりました。
今年もまた、よろしくお願いいたします。m(_ _)m

どすこいさんにとっても、すてきな一年となりますように!
3. Posted by 運営者どすこい   2018年01月02日 07:23
すっぱさん

こちらこそ、ありがとうございました。
そして、今年もよろしくお願いしますね。

どうかこの一年が、すっぱさんにとって健やかで穏やかな年になりますように。
4. Posted by 運営者どすこい   2018年01月03日 07:24
【お知らせ】
2017年9-12月分のコメントは、「過去ログ:2017年9-12月」へ収めました。カテゴリは、「Top Pageへのコメント2017」です。
5. Posted by ホットにい   2018年01月04日 11:56
あけましておめでとうございます。
年末から拝読しています、49歳男です。
貴重な情報の数々に、助けていただいています。

20年以上、首や肩、脇腹のコリ、
ドライアイがひどい状態。
整形、接骨、電気治療、眼科等に行っても、
全く改善されません。

今の職に就いた15年前から、
朝2〜3時に目が覚め、
起床時刻まで何度も起きる。

好きだった読書や新聞を、
半年以上読むことができなくなる。
やる気や気力が激減するなど、
仮面うつなのではないかと疑い始めました。

年末は心療内科の予約を迷ってできずじまい。
年末年始はひどいうつ状態で、
年始こそ予約をしようと思いつつ、
どの病院にかかればよいか不安で迷っています。
6. Posted by 運営者どすこい   2018年01月05日 06:53
ホットにいさん

はじめまして。どすこいです。
コメント、ありがとうございます。

非常に長い間、あちこちの体の不調に悩まされて来たんですね。ホットにいさんのお考えのとおり、もしかすると背景に心理的な要因があるのかもしれません。身体科の治療では改善されないようですから、ぜひ早めに心療内科を受診することをおすすめします。

まずは(場所的・診療日/時間的に)通いやすい病院を選んでみてはいかがでしょう。もし、相性が良くないと感じた際は、転院すればいいと思います。
7. Posted by ホットにい   2018年01月05日 20:54
お忙しいところを、ご丁寧にありがとうございます。

昨夜、最寄り駅近くの心療内科に予約できました。かなりの勇気が必要で、電話中に脇の下が汗だくでした(笑)ただ、初診が今月23日。そのことから昨夜は「それまで体調は大丈夫か?」と不安でしたが、今はだいぶ症状が良くなりました。この変化の理由が、よく分かりません。母が処方しているデパスを飲むと、睡眠状態が良くなるようで、精神状態は少し改善されます(肩コリ等は改善されません)。

どすこいさんのサイト他、いろいろ調べました。
多くのサイトでは、抗うつ薬は効くと書いてあります。しかし、『自分の「うつ」を治した精神科医の方法』著者の宮島氏の本を読むと、薬に否定的です。初診で薬を処方された場合の不安材料です。

長くなり恐縮です。どすこいさんは、この点でどのようにお考えでしょうか?
8. Posted by 運営者どすこい   2018年01月06日 07:50
ホットにいさん

心療内科に予約を入れたんですね。それほど長く待たされることなく受診できるようで良かったと思います。しかし、私の場合もそうでしたが、本当に勇気が要りますよね。何度躊躇したか分かりません。初診まで日がありますので、これまでの症状などを紙にまとめて置くと良いと思います。「私の心療内科初診時のメモ」という記事に、私がまとめたものを掲げていますので、よろしければご参考にしてください。

“薬に否定的”な専門家の方もいらっしゃるのは私も知っています。私自身も正直、薬に対する不安はありましたが、職場での不安の方が薬に対する不安をはるかに超えていましたので、薬によって現実に立ち向かって行けるのなら一生飲み続けても構わない、とずっと思っていました。ただ、その後、薬の力を借りなくても良くなり、心療内科を卒業することもできました。ご参考までに。
9. Posted by ホットにい   2018年01月06日 14:21
お忙しいところ、ご指導をありがとうございます。
ネット上で「それまでの痛みがなくなった」という人もいらっしゃり、薬の効果に期待しすぎたり、治らない場合の不安もあるのかもしれません。受診までは、あまり考えないようにします。

ご助言に従い、症状をメモにまとめて持っていき、とりあえず診察していただきます。そのときの様子を報告できましたら、また発信させていただきます。また何かありましたら、教えてください。
よろしくお願いいたします。
10. Posted by 運営者どすこい   2018年01月06日 19:29
ホットにいさん

そうですね。あまり考えても仕方ないと思います。不安が募るばかりですからね。またいつでもお気軽にコメントしてください。
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
記事検索
カスタム検索


Copyright © 2007-2018 「うつ」の心に癒しを。