「うつ」の心に癒しを。サイト開設にあたって

うつ病になると、激しく気分が落ち込み、無気力感が襲い、非現実的な悲観的な考えに陥ります。また、うつ病になると、自分を惨めに追い込み、自分を責め続け、もうこの先自分の人生はないも同然、光が全く見えなくなります。

近年、自殺者が毎年3万人を超えるという、非常に深刻な状況にあります。そして、自殺の原因の多くが、うつ病といわれています。うつ病は、中高年から小中学生に至るまで、幅広い層に広がっており、一刻も早い手当てが必要だと感じています。

私自身もうつ病を患い、長い間治療を続けています。(プロフィールは、「自己紹介」をご覧ください。)しかし、うつ病は、適切な治療を受ければ、時間はかかるかもしれませんが、いつか必ず治る病気だと私は信じています。

私と同じようにうつ病で悩み、もがき、苦しんでいる方へ、少しでもお役に立つ情報を発信できたらいいなと思っています。また、私は医師でもカウンセラーでもなく、お力になれるかも分かりませんが、うつ病の一経験者として、何かアドバイスを差し上げることができるかもしれません。下記連絡先へお気軽にメールをください。

なお、各地のクリニックの概要を「あなたの街の心療内科」として掲載していますが、特定のクリニックとは関係のない個人のサイトですのでご了承ください。

【追記】
2013年1月、心療内科を卒業することができました。

<連絡先>
dosukoi2@gmail.com※受信拒否設定等をしている場合は、このアドレスからのメールが受信できるように設定の変更をお願いします。

(2013年1月15日更新)
スポンサーリンク
この記事へのコメント
1. Posted by 運営者どすこい   2018年10月07日 09:21
【お知らせ】
2018年2月〜9月分のコメントは、「過去ログ:2018年2-9月」へ収めました。カテゴリは、「Top Pageへのコメント2018」です。
2. Posted by 運営者どすこい   2019年01月01日 06:21
明けましておめでとうございます。
平成最後の4か月と、新たな時代の8か月の今年一年も、どうぞよろしくお願い致します。
3. Posted by    2019年01月24日 09:39
初めまして。
ご相談させていただきたい事があります。
現在頭の中がモヤモヤして、次から次からくる仕事をこなせず、クレーム処理・スタッフの取りまとめ、夜勤の連続・不足職員分の休出。残業。休みのままならず。
毎日オンコール待機。立場上致し方無いと思いながらも各部署・上司・会社に対するストレスも限界。やる気も食欲もなく、笑えず、考える事もままならず。休みたいのに休めず。退職も受理されず。消えてなくなりたいとさえ思い、病院を探すも中々時間がかかりすぎ・・・
助けてほしい
4. Posted by 運営者どすこい   2019年01月24日 19:06
涙さん

はじめまして。どすこいです。

退職が相次いで、人員の補充が追いつかないのでしょうか。とにかく異常な状況だと思います。病院を受診して少しは立て直しを図れたとしても、今の状況を変えない限り、やがて精魂尽き果ててしまうのではないかと思うのですが、いかがですか。

退職届が受理されなかったとありましたが、ここは、退職(あるいは休職)を強行しない危険だと思いますよ。
5. Posted by    2019年01月24日 20:17
こんばんは。やはりそうですよね。
退職の話降格の話を願い出ても、
必ず職員や利用者様を
[すてるのか!無責任だ。]
と言われた言葉と心理テストみたいな会話は未だに耳から離れず。
職員不足を話せば、
やるだけの事しても誰も来ない。
あなたは何故探しもしないのか。
と大声あげられ
そんな事は俺にいうなと言われ
どの言葉も深く突き刺さり抜けない。
ありがとうございます。
6. Posted by 運営者どすこい   2019年01月25日 06:15
涙さん

その上司の方こそ「無責任」だと私は思います。すべてを涙さんに押し付けているわけですからね。
7. Posted by かい   2019年01月29日 17:05
初めまして。
最近、こちらの情報を拝見させていただいています。
初めて精神科に行こうと思うのですが…どこを選んでいいのか迷う日々です。
どうかお知恵をお貸しください。

小さいころからいろいろあり、人がよくわからなくて怖く、自分の性別すら疑問に思い死にたいと考え。
大人になった今も引きずっているのですが。
前年、仕事のストレスで逆流性食道炎になり半年以上、内科の先生から仕事を止められています。
(生まれつき免疫が少なく病にかかりやすいため、冬は動かないようにと言われています)

こういう場合、今を診てもらうほうがいいのでしょうか。
それとも小さいころからを診てもらい話をしたほうがいいのでしょうか。
何か知っていることがありましたら、是非教えていただけますよう宜しくお願いします…。
8. Posted by 運営者どすこい   2019年01月29日 19:36
かいさん

はじめまして。どすこいです。

「今」困っていることを中心に話を進めた方が良いように思います。たとえば、今、A症状、B症状、C症状に困っていて、B症状については幼い頃からあった、といった感じで。内科の先生から仕事を止められていることも伝えてくださいね。

それから、あらかじめ伝えたいことを紙にまとめておき、初診当日はそのコピーを渡して話を進めると、漏れなく伝えられますし、比較的落ち着いて臨めるので、おすすめします。
9. Posted by かい   2019年01月31日 11:10
どすこいさん、お返事ありがとうございます。
今の困っている事を中心とした方が良いのですね。

手元に用意してあるのは、幼稚園の頃から今までに考えていた事や感じていた事をまとめた紙と小学生の頃の通知表です。
通知表には親から聞いた事が無かった、学年ごとの先生たちからのその時の言動についてが書かれていたので、客観的な物になるかと。

あと診療情報提供書は漢方外来の先生に書いていただけるのですが、血液検査の結果などは行く予定の病院に聞いてみた方が良いのでしょうか?
必要なら用意したいと思います。

自分は…小さい頃から人見知りで、初めて話をする場合数日前からシミュレーションをしないと怖いのですが、出来る限りわかっていただけるようにしてみます。
10. Posted by 運営者どすこい   2019年02月01日 07:56
かいさん

そうですね。正確に伝わらないと正確な診断につながりませんから、事前に“イメージトレーニング”を重ねておくのは良いと思いますよ。

血液検査の結果については、初診の際に医師に聞いてみてはいかがでしょう。
11. Posted by かい   2019年02月01日 13:47
ありがとうございます。
近くに小さい子も診るという病院を見つけたので、電話をしてみることにしました。

緊張しますが、おなかが痛いから電話をする、というイメージであまり深刻に考えずにやってみます。
本当にありがとうございました。
12. Posted by 運営者どすこい   2019年02月01日 21:08
かいさん

初めての電話は緊張しますよね。でも、回復へ向けての第一歩ですから、勇気を奮って。
13. Posted by みんこ   2019年03月12日 02:50
どすこいさん、真夜中にこんばんは、超お久しぶりです。私がここに来たということは…
実はしばらく休職していました。あれから部署移動があり、慣れてきはじめたかなという頃に同僚がケガして急遽私がフォローに回らければならなくなりました。直属の上司とは相性が悪く、急激に忙しくなった私に助けもなくって、残業しても溜まっていく毎日に疲れてしまったのです。
まだ通院はしているので、先生に相談したところ気力があるうちに休んだほうが回復早いからとアドバイスされ、思い切って休職しました。
おかげでリフレッシュでき、そろそろ復帰予定。ただ仕事環境はそう改善されるものでもないだろうし不安な部分も…また疲れてしまうようなら、退職って言葉もよぎります。なんせ上司はこの病気に理解ないというより無知って感じなので。。。こんなやっかいな奴が職場に戻って迷惑かかるくらいなら、いっそ離れてしまったほうがいいのかなって思います。
14. Posted by 運営者どすこい   2019年03月12日 05:56
みんこさん

ほんとに超お久しぶりですね。

ところで、思い切って休職に入って良かったと思いますよ。心身共にボロボロになってからでは、回復により多くの時間を要しますからね。

それから、復帰にあたっても主治医とよく相談して、当面は時短勤務にした方が良いと思いますよ。決して無理をしないようにしてくださいね。
15. Posted by みんこ   2019年03月14日 12:30
どすこいさん、お返事ありがとうございます。
とりあえず通常勤務内で復帰することになりました。残業はせずに、休みたいときは休んで徐々に慣らしていきます、休職中は寝たいとき寝て、部屋の汚れも気になっていたのできれいにして、ドライブとかランチとか気ままに過ごしていました。この先あとはあの世に行き待ちなだけだし、仕事は生きているついでにする位の気持ちでいこうと思っています。任せられるとついあれこれもって気になって完璧にしようとしちゃうんですよね。責任感ありすぎるのかも(笑)
そんなに頑張らなくてもよいんだろうな…自分でプレッシャー追い込んでしまうんでしょうね
16. Posted by 運営者どすこい   2019年03月15日 05:28
みんこさん

そうですよ。そんな感じであまり勢い込まない方がいいと私も思います。無理なく徐々に体を慣らしていってくださいね。
17. Posted by はる   2019年06月12日 22:27
15歳から食べられない、過食と嘔吐を繰り返しながら、時には収まったりしながら今に至ります。

理由があって別居婚をしていたのですが、出産を期に1年前に、主人の元へ引っ越しました。(離れて暮らしていたので、一番先に我が子を抱っこさせてあげたかった)
家族も友達もいない地で初めての出産、ほぼワンオペでの育児、復職予定だった仕事には復職できず、毎日が孤独で辛かったけど、可愛い我が子の為に1日1日を必死に生きぬいてきました。産後から鬱っぽいとは自覚はしていましたが、ホルモンの影響だろうと思っていました。
未だに苦しくて、つらいです。

いろいろと状況を変える為に一生懸命動いてみたけど、状況はあまり変わらず、どんどん疲れてしまい、痩せて身体もボロボロになり、死にたくない、可愛い子供を残して死ねないと勇気をだして初めて心療内科に行ってみました。

血液検査をされ、薬が出され2週間後に来るように言われました。薬局に行くと、処方箋がおかしかったようで病院へ確認したり、薬局からかけてもらったりと薬をもらうのに2日かかりました。病院が出した処方箋の用量などが間違いがあったようです。それだけでもウンザリだったのですが、授乳しているかの問いにもしているって2回答えたのに、授乳中の方は飲めませんって薬でした。不信感で結局どの薬も飲んでいません。

予約日が近づいてきていて、心が重いです。誰かに聞いてもらいたかったので、ここで吐かせてもらいました。ごめんなさい。
18. Posted by 運営者どすこい   2019年06月13日 05:00
はるさん

はじめまして。どすこいです。

ご主人やご家族の協力が得られない中、お一人で育児を頑張っていたんですね。本当に大変だったと思います。今も大変さにあまり変わりはないと思いますが。また、産後の心身の状態が優れないようで、これも大変つらいですね。

せっかく勇気を出して受診した心療内科ですが、2週間が無駄に過ぎてしまったようで、今の状態にはこたえますね。今度の受診は取り止めて、はるさんのお考えのようにホルモンの影響もあるのかもしれませんので、一度婦人科を受診して相談してみてはいかがでしょうか。
19. Posted by はる   2019年06月13日 20:29
どすこいさん、

読んでくれてありがとうございます。また返事もありがとうございました。

産婦人科には心療内科の前に行きました。症状を伝えてそこでも血液検査もしましたが、いろいろと焦らないで大丈夫と言われました。検査結果は今月末に行く予定です。産後といっても1年経ったので、保健師さんに相談できるのは産後1年までらしいのです。。
そういうのもあって、心療内科にかかりました。

主人は元々優しい人ですが、積もり積もった不信感や不満で、今は信じられません。パートナーを信じられない事も辛いです。
20. Posted by 運営者どすこい   2019年06月14日 05:17
はるさん

すでに婦人科を受診されていたのですね。結果は聞きに行くとして、別の心療内科を受診してみてはいかがでしょう。最初から強い不信感を抱いてしまった所では、治療もうまく進むとは思えませんからね。

また、ご主人に対する不信感や不満も募っているようで、こちらも辛いことですね。毎日顔を合わさざるを得ないので余計だと思います。ただ、今の心身の状態を改善させれば、少し見方も変わり、気持ちが少し和らぐかもしれません。そういう意味でも早めに別の心療内科を受診した方が良いかもしれません。
21. Posted by 匿名   2019年06月14日 22:25
はる様

産後1年までと言われても、
保健師にもう一度話を聞いてもらうことは
出来ませんか?

ひとりで頑張らないで…
助けて!って声をあげて欲しい。
辛いとき、もっと周りに頼っていいんです。

はるさんに…、
そして、かつての自分にもそう伝えたくて、
見ず知らずのおせっかい、ごめんなさい。
22. Posted by はる   2019年06月19日 21:29
匿名さん、

コメントありがとうございます。
涙がとまりませんでした。

苦しいって気持ちを吐き出せて、
誰かに聞いて、受け止めてもらえて・・
息苦しさが少し和らぎました。

ごめんなさい。
ありがとうございました。
23. Posted by 三日月   2019年06月23日 19:41
5
どすこいさま、初めまして。三日月と申します。よろしくお願いいたします。

私は五年前に出産した時に産後うつになり最初は外来治療、そして増えていくばかりの薬が合わず、入院(外来とは違う病院です。)、そこで合わないと思われる薬を抜いたらよくなったという過去があります。

その後病院を卒業し、三年たったのですが、五月に胸がくるしくなり、再び外来を受診しました。最初は出された薬(入院で抜かずに外来に戻ってからもしばらくのんでいた薬です)で落ち着いていたのですが、六月に症状が悪化し、また薬があわないのではと心配した家族が医師に坑うつ薬をやめてみたいと申し出、医師を怒らせてしまいました。私は薬が合わないのか、うつがわるくなっているのか、どちらか迷う状態でした。

入院の時、抜いた薬は、私の場合飲むことで死にたい気持ちが増す副作用がでたようです。

今回は飲んで1ヶ月ほどはおちついていたのですが、その後特に理由もないのに、なんとなく死にたい気持ちがあらわれたり、苦しくなったりです、薬のせいかわからず、医師も家族や本人に不信感があるのでは飲ませられないと、坑うつ薬をやめることになりました。だいぶ少ない量で服薬していたので、急にやめることになりました。

しかし、色々あったせいか、今日は特に調子が悪く、またこんなことになってしまい、新しい病院を探したほうがいいのか迷っています。

医師が怒るのも、十分理解できます。でも、じゃあ飲まなくて本当にいいのねと声を荒げていわれたのは怖かったです。医師も人間ですから、怒って当然とは思いますが…

かなりまいってしまい、死にたい気分におそわれ、お話をきいていただきたく、長文のコメントになってしまいました。お許しください。
24. Posted by 運営者どすこい   2019年06月24日 05:23
三日月さん

はじめまして。どすこいです。
こちらこそ、よろしくお願いいたします。

その医師(女性?)の患者を怖がらせるようなぞんざいな物言い、いかがなものかと思います。さらに調子が悪くなったのも無理もないと思います。

もしかすると薬の副作用が出やすい体質なのかもしれませんから、早く別の病院を受診して相談した方がいいと思います。その際、これまでの経緯・症状と薬の名称・服用量をまとめたメモを持参するといいですよ。
25. Posted by 三日月   2019年06月24日 10:27
5
どすこいさま。さっそくお返事ありがとうございます。どすこいさまのお言葉に癒されております。

医師は男性ですが、他の患者さんにも声をあらげていることが時々あるので、気性が激しいタイプなのかもしれません。

今日は薬を抜いて2日目、薬の添付文書によると明日には体から抜けるようです。急に抜くことになったからか、うつが悪化していて薬を抜くのがよくない選択だったのかはまだわかりませんが、薬が抜けても抑うつ感や死にたい気分が治まらないときはしっかり治療しなければと考えています。どすこいさまの、適切な治療をすれば必ず治ります、との言葉を信じて…

お返事、本当にありがとうございました。
26. Posted by 運営者どすこい   2019年06月24日 12:56
三日月さん

気性が激しい精神科医ですかあ。そもそも医師に不向きな人なのかもしれませんね。とにかく適切な治療を早く受けるために、転院先を見つけてくださいね。

良い医師と巡り合えますように。
27. Posted by 三日月   2019年06月24日 21:45
5
どすこいさま。色々とありがとうございます。お返事のお言葉にだいぶ救われました。

早く楽になりたいと焦る気持ちもありますが、時間がかかっても必ず治ると信じて一歩ずつ治療していきたいと思います。

ただ、今回は前回の産後うつとは違い、主な症状が胸が苦しいというもので(内科で心電図、レントゲンは異常なし、貧血がひどいのがみつかり、そちらは鉄剤で治療中です)、胸が苦しかったり、痛いのが辛くて、それにより死にたくなったり、子育てに自信がなくなったりします。

家族に負担をかけているのも申し訳なく、焦ってしまい、悪循環ですね。

今は合うところを探して治療を諦めないのが大切と自分に言いきかせています。
28. Posted by 運営者どすこい   2019年06月25日 05:10
三日月さん

貧血が見つかったのは幸いでしたね。責任感が強いほど焦ってしまいがちですが、今は、無理せず・怠けず、といった感じが良いかもしれませんよ。

地道に治療を続けていけば必ず治り、卒業もできますから大丈夫ですよ。
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
記事検索


Copyright © 2007-2019 「うつ」の心に癒しを。