うつ病は本人が気付いていないことも

さまざまなストレスがあふれる現代社会において、うつ病に悩む人が急増しています。

世界保健機関(WHO)の推定データをもとにすると、20人に1人くらいは、うつ病を経験している計算になるといいます。

うつ病の最大の危険性は、自殺に走る点ですが、厚生労働省のデータによると、自殺者も急増しており、その6割がうつ病が原因ではないかといわれています。

近年では、自殺者が毎年3万人を超えるという深刻な事態になっています。

病的なうつ状態なのに、自分がうつ病だと考える人は、実際には少ないのが現状です。

抑うつ気分で悩んでいても、過労からくる一時的なものだろうと思い込んでしまい、本人も周囲もうつ病を見逃してしまいがちです。

うつ病を自覚し、きちんと心療内科や精神科を受診する人は、うつの症状に悩む人の、ほんの一握りだろうと推測されています。

(2008年4月9日掲載)
スポンサーリンク
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
記事検索


Copyright © 2007-2019 「うつ」の心に癒しを。