心を癒す「アロマテラピー」

手軽でリラックス効果の高いリラクゼーションの方法として、アロマテラピー(日本語としては「芳香療法」といわれています。)があります。

アロマテラピーとは、植物の香りで心身のリラックスを図るというものです。

アロマテラピーでは、植物から抽出した精油(これを「エッセンシャルオイル」といいます。)をゴマ油などで薄めてマッサージに使ったり、入浴時にお湯に少量入れたりして使用すると、気分をリフレッシュさせ、リラックスしてストレスを解消することができます。

アロマテラピーに用いる香り自体にうつ病を治す作用があるわけではありませんが、体全体の自律神経の働きを整える作用が期待できるといわれており、また、マッサージによってアロマ成分を直接肌にすり込むと、鼻でかいだ以上にリラックス効果があるといわれています。

リラックス用のアロマテラピーでは、ラベンダーやカモミールなどがよく利用されています。

<関連記事>
心を癒す「森の香り」

(2008年4月10日掲載)
スポンサーリンク
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
記事検索


Copyright © 2007-2019 「うつ」の心に癒しを。