産後うつ病とは?

産後うつ病(baby blues)とは、マタニティブルーに遅れて産後2週間〜1か月以内に発症するうつ病をいいます。産後うつ病は、マタニティブルーとは異なり一過性で自然に治るものではなく、一般的なうつ病と同様の治療が必要になります。

産後うつ病では、強度の不安やイライラ感、激しい動悸や息苦しさが突然現れるパニック発作、赤ちゃんへの関心がなくなる、などといった症状が現れます。

ヨーロッパでの調査では、出産した女性の10〜15%が産後うつ病を経験するといわれていますが、日本の場合、昔から実家に帰ってお産をする里帰り出産の習慣があり、実家で落ち着くことができるため、産後うつ病にかかる人は少ないといわれてきました。

しかし、最近の調査によると、産後うつ病の発症は、ヨーロッパと大して変わらないという結果が出ています。

産後うつ病にかかると、育児に関して理由もない不安や不満がつのり、子育てをしていてもイライラしたり、落ち込んだりしがちになります。

その結果、赤ちゃんに危害を加えたり、夫婦関係を悪化させることになりかねません。逆に、夫婦関係が悪化していて夫の援助が得られないといった、母親を支える環境が乏しいときに、産後うつ病は発症しやすいともいわれています。

産後うつ病は、子育てが上手くできないと悲観して母子心中を図るなど、深刻な影響を及ぼす可能性もあり、早期に専門医を受診し産後うつ病の治療を開始する必要があります。

また、産後うつ病は再発率が高く、次回以降の出産では3割以上の割合で再発するといわれています。

(2008年4月13日掲載)
スポンサーリンク
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
記事検索


Copyright © 2007-2019 「うつ」の心に癒しを。