摂食障害(ED):拒食症と過食症

摂食障害(ED:Eating Disorder)には、極端に食べなくなる拒食症(神経性食欲不振症)と、むちゃ食いをする過食症(神経性過食症)があります。特に拒食症の場合、食べない状態が続き、死につながることもあるので、事態は深刻です。

拒食症には、拒食だけが現れるタイプと、拒食と過食を繰り返す2つのタイプがあります。過食の後では、嘔吐や下剤を使ったりして排泄する場合もあります。

拒食症では、体重が減少しますが、標準的な体重であったり、やせていても、自分は太っていると思い込み、さらにやせようと食事制限をし続けます。たとえば、過度なダイエットをしている場合、目標としていた体重に達しても満足せず、さらにやせる努力を続けます。

拒食症の人は、食事の量を減らすだけでなく、糖分や脂分の多い食品を極端に避け、カロリーの少ない食品ばかりを摂取します。また、体重が増えることへの非常に強い恐怖感や嫌悪感を持っており、周囲の人が低体重の怖さを伝えたとしても、本人は全く理解しようとしないばかりか、食事をすすめられると激しく反発します。

さらに、やせればやせるほど、自分がやせていることが分からなくなる「ボディイメージの障害」のために、病的な低体重になっても頑なに治療を拒否します。

拒食症では、食事制限を始めた時期は、体重が減ったことに対する達成感もあり、一時的に活動的になることがあります。しかし、拒食症が進行し、体重減少の程度が進むと、皮膚から潤いがなくなり、体力も気力も落ち、むくみが出たり、低体温になり、女性の場合は生理が止まります。拒食症の症状としては他にも、不整脈、便秘、低血糖症状、けいれん、肝障害、貧血、心不全、意識障害などの身体症状に加え、ボディイメージの障害、やせ願望、肥満恐怖、絶えず動き回るという活動性の亢進、食品の万引きなど、精神症状や行動障害が現れます。

うつ病の症状として食欲不振や過食などが起こることがありますが、摂食障害の人の50〜75%程度に、うつ病の病歴があるという調査報告もされています。

摂食障害(拒食症・過食症)の発症は、10〜20歳代の女性に圧倒的に多いのが特徴とされています。最近では、30歳代以降の女性や、男性にも摂食障害の患者層が広がりをみせているといわれています。

摂食障害は、早期に心療内科などの専門医を受診し治療を開始することが何よりも重要で、特に拒食症による体重の減少が著しい場合は、入院治療が必要になることもあります。

<関連記事>
摂食障害と感情の抑圧

(2008年4月12日掲載)
スポンサーリンク
この記事へのコメント
1. Posted by tutasuyu1324649   2008年05月03日 16:40
本当にこの病は本人は勿論周りの人も大変です。当家にも、長男がうつ病と言われ精神科に通い7,8年に成ります。今はアスペルガー症候群と診断されています。私のbiogページも1つにこの事が切欠で書いた事も有り人事では無い気がします。「心;こころ、ココロ。」なんて大それた名にしたのも其処に有ります。今は其の息子も32歳、親元を離れて、仕事に付いて居ますが、常に心配のしどうしです。
2. Posted by zakugiripotato   2008年06月11日 21:30
痩せなければ、もっと痩せなければ…と思い込むうち、やせ衰えていってしまう拒食症は、怖いですね。拒食症になられた方の写真を見て、心からそう思いました。
でも、なぜ、そう思い込むに至ったのでしょうか。やたらと痩せた人ばかりを「美しい」とするマスコミ、それに乗せられている私たちにも、責任はあると思います。
3. Posted by tutasuyu1324648   2017年09月15日 16:04
3
障害を持ち生きようとした長男も無くなりました3年に成ります。あっ気ないものです。自ら命を絶つことで人生を終わりにする、その衝撃はかみさんが一番受けたであろうと思う、しかし毎日平静を装う生丈さには頭が下がる。其れに付け男は何の役にも立たない物です。
4. Posted by 運営者どすこい   2017年09月15日 19:54
tutasuyu1324648さん

ご長男を自死で亡くされたのですか。お慰めの言葉も見つかりません。

男、ですかあ。そうかもしれません。私も同様ですから。
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
記事検索


Copyright © 2007-2019 「うつ」の心に癒しを。