自殺は予告していることが多い

うつ病の場合、死にたくなるというのが、特徴的な症状の一つとしてあげられます。

自殺を思いとどませるのは、主治医だけでなく、家族や周囲の人すべてです。

自殺を図ろうとしている人は、何気なく自殺を予告している場合が多いとされています。

自殺予告の主なサインとしては、次のようなものがあげられます。

  • 引きこもる
  • 大切なものを人にあげたり処分したりする
  • 思い出の場所をたずねる
  • ひもを探したり、薬をためたりする
  • 不眠を強く訴える
  • イライラが強く、落ち着きもない
  • 家出をする
  • 死にたい、生きるのが辛い、自分はこの世に必要のない人間だ、消えてしまいたいなど、普段言わないことを口にする

自殺を感じさせるような言動があった場合は、主治医に連れて行くのはもちろん、自殺を思いとどませる言葉をかけます。

この場合、回りくどい言葉ではなく、「死なないで」「死ぬなんて勝手なことをしないで」「死んだら残された子供が悲しむよ」「短気を起こさないで」などといった、直接的ではっきりとした自殺を止めさせる言葉が効果があるとされています。

<関連記事>
最も危険な自殺因子は未遂歴

(2008年4月12日掲載)
スポンサーリンク
この記事へのコメント
1. Posted by りい   2011年07月26日 02:19
この場合、回りくどい言葉ではなく、「死なないで」「死ぬなんて勝手なことをしないで」「死んだら残された子供が悲しむよ」「短気を起こさないで」などといった、直接的ではっきりとした自殺を止めさせる言葉が効果があるとされています。
こんな言葉、なんの効果もありません。
「なんで?」
って疑問しか残りません
2. Posted by 運営者どすこい   2011年07月26日 05:25
りいさん
はじめまして。どすこいです。
極端に言えば、一切の言葉が響かない場合もあるだろうと思います。その場合、最後の砦は、自らの病識なのかなとも思います。りいさんは死にたいと思っていますね。また立ち寄ってください。メールでもいいですよ。dosukoi2@gmail.com
3. Posted by 通りすがりです   2012年02月26日 17:36
りいさんの言う通り、効果はないと思います。普段から家族の理解があっての言葉なら、心に響くとは思いますが、私の家族の場合は「本気で泣いてる」という時だけ優しくするため、こんな言葉を言われても、薄っぺらいとしか思わないです。
ですが、死にたいと思っても考えてしまうんです。もし今、ここで死んだら家族は体面を気にするのに、どうなるんだろうか?遺体の処理だってお金がかかる。死んでも泣かなくっても、葬式はしそうだからこんな自分には、そんなことはしないでほしい。そんな気持ちが出てくるので、死にたい、消えたいと思っても実行には移せません。
4. Posted by 運営者どすこい   2012年02月26日 19:30
はじめまして。どすこいです。袖振り合うも多生の縁、宜しくお願いします。
「家族は体面を気にする」とありますね。私は、体面を気にしているのは、むしろあなたの方だと感じましたが、いかがですか?
5. Posted by ナナ   2012年02月26日 19:55
幼児期から母に「足がイーってなる…。」と訴えていた私。いまだに眠る前は下肢がむズ痒く、筋肉を瞬発的に硬直させ、しのいではまた、さっきよりむずがゆい…。レグトレッグス症候群でしょうか。自傷、自殺、親からの虐待、母からの愛情の餓え、いじめ、ひがみ、性的欲求が極端に無い自分…。でも愛されたい。成績、スポーツの入賞、美術やピアノの功績…目を向けてくれるなら!と進路まで母に決めてもらったあげく19で「うつ病」。全部台無し。今31。自分の為に生きたい。それがわかった気がする。勿論、生きにくい私だけど。合わせて生きて行くの。二人の友人は終わらせたけど、それぞれ「解放」を選んだだけ。「楽になれた…?」時々、夜空に聞いてみる。二人は少し残念そうに笑ってる。後悔や未練が無いはずがない!でも「苦しむ明日」を拒んだだけ。私はまだ生きてみたいよ。と言ってカーテンを閉めるんだ。みんな、朝までオヤスミ。
6. Posted by 運営者どすこい   2012年02月26日 21:54
ナナさん
はじめまして。どすこいです。
今日までこの私が生きて来たという、かけがえのない命の持続感を持って、生きて行こうよ。
おやすみ。
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
記事検索


Copyright © 2007-2020 「うつ」の心に癒しを。