はなみずきクリニック(静岡市葵区)

[クリニック情報]

【住所】静岡県静岡市葵区西草深町16-10
【電話】054-205-3300
【診療科目】心療内科・精神科・老年精神科
【HP】http://www.hanamizukic.server-shared.com/
【Mail】
【ご参考】「はなみずきクリニック」HPより引用・抜粋
クリニック名とロゴマークには、患者さんの心が次第にほころんで、自分らしく生きていけるように、自分の花を咲かせていけるようにという願いを込めました。
■アクセス
静鉄バス大浜麻機線「英和女学院前」バス停下車

診療時間、休診日、予約が可能な日時、対象疾患、対象年齢、紹介状の必要の有無、自立支援医療(精神通院医療)など最新のより詳しい情報につきましては、「はなみずきクリニック」のホームページ、またはお電話でご確認をお願い致します。

【Google Map】

(クリニック情報:2015年11月1日更新)

[運営者提供情報]

ご訪問頂きありがとうございます。運営者のどすこいです。私自身のうつ病経験を基にした以下の情報やサイトに掲載の各種記事がご参考になりましたら幸いです。

▽クリニック選びについて
うつ病などの精神的な病気の治療においては特に、医師との相性が重要になります。医師自身が、言わば「薬」のような役割を担うからです。ネットの口コミ情報は一応の参考にはなると思いますが、実際に受診してみないと見極められません。通院自体が負担にならないように、まずは通いやすさで選んでみてはいかがでしょうか。

▽私の第一歩
人生で初めて受診する、あるクリニック。私は事前にメモを作成し初診に臨みました。緊張はしたものの、現状をうまく伝えられました。話を終えた後、いろいろな症状があったにもかかわらず、今まで頑張って来たんだね、と先生に言って頂きました。その初診からが長い道のりでしたが、それが確かに第一歩であったと思います。
※実際のメモがこちらです。(クリックで拡大)
私の心療内科初診時のメモ_サムネイル

▽私の心に残る言葉(毎月更新)
“人間三百六十五日、何の心配も無い日が、一日、いや半日あったら、それは仕合せな人間です”(太宰治「ヴィヨンの妻」)
コメント - 心配というものは尽きるものではありませんから、そういう意味でこの一節は当を得ていると思います。

(運営者提供情報:2020年1月1日更新)
スポンサーリンク
この記事へのコメント
1. Posted by kaoru   2018年05月08日 20:07
初めまして。
27歳女性です。
 メモを書いているとき、話しかけられると何を書いていたのか忘れてしまいなかなかその場で思い出せない、(後で何かヒントになるものを見たり聞いたりすると思い出すことはたまにあります)会議などの話し合いの場や、普通に話をしているときにちょっとずれた発言をする、周りの中では終わっていたはずの話をまたいきなり持ち出すといった少し空気が読めない?行動をするのは大人の発達障害でしょうか?
親にも「あんた変だよ」とぃわれることが多いです。クリニックには通っていますがはっきりと言ってくれないので不安になっています。
発達障害系の本を読んでみると当てはまる項目もありますので余計不安になります。このような症状は発達障害になるのでしょうか?
2. Posted by 運営者どすこい   2018年05月09日 07:51
kaoruさん
はじめまして。どすこいです。
情報が足りないので診断が下せないのかもしれませんし、ボーダーラインなのかもしれませんね。いずれにしても、生きづらさのようなものを抱えているのであれば、それにどう対処していけば良いかを相談してみてはいかがでしょう。
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
記事検索


Copyright © 2007-2020 「うつ」の心に癒しを。