うつ病の実態

カテゴリ「うつ病の実態」に属する記事一覧です。
icon

うつ病対策:秋田県の取り組み

秋田県では自殺率の高止まり傾向が続いており、2010年9月2日県発表「秋田県における自殺の現状」によれば、1995年から2009年まで15年連続の全国1位と、自殺対策は県の最重要課題の一つとなっています。 こうした状況について県では、具体的に次のような要...続きを読む
icon

病跡学からみる精神疾患と天才たち

精神医学には、「病跡学」という一つの学問分野があります。 病跡学は、傑出した天才的な人物の精神状態と生み出した作品との関係を、精神医学的な立場から研究する学問です。病跡学は、表現病理学とよばれることもあります。 ヨーロッパにおいては統合失調症圏の天才が多...続きを読む
icon

うつ病の生涯有病率

うつ病の生涯有病率(一生のうちで病気に罹る割合)は、アメリカの「精神疾患の分類と診断の手引き」(DSM)では、13〜17%、100人のうち13〜17人が一生涯にうつ病に罹るとされています。 国連のWHOの調査でも、生涯有病率としては、うつ病は第4位となっ...続きを読む
icon

うつ病に対する偏見の目

うつ病をはじめとした精神疾患に対する偏見やスティグマ(stigma:もともとは奴隷や犯罪人に押した焼印・烙印を意味する英語で、現在では精神障害者などに対して差別や不利益を与える社会心理現象を意味するようになっています。)は、まだまだ根強いものがあると思います。 ...続きを読む
コメント(14)
icon

NHK特集「うつ病治療 常識が変わる」を見て

昨日(2009年2月22日)NHK総合テレビで放映された、「うつ病治療 常識が変わる」という特集番組を見ました。 番組では、うつ病の実態から始まり、最新のうつ病治療まで紹介され、最新のうつ病事情を知ることができました。 なかでも、精神疾患医療に携わる医師の...続きを読む
icon

うつ病の大衆化現象

うつ病は近年、一種の流行言葉のように、テレビや雑誌、新聞など各種メディアで取り上げられ、頻繁に見かけるようになりました。 うつ病の特集が多くのメディアで組まれ、女性向けのファッション雑誌にもうつ病が取り上げられることもある状況です。 また、うつ病は、現代...続きを読む
コメント(2)
icon

うつ病と日照時間の関係

うつ病と日照時間には、一般に相関関係があるといわれています。 事実、「季節性うつ病(冬季うつ病)」という言葉があるように、うつ病と日照時間には相関関係があるようです。 自殺の原因の多くがうつ病にあることは広く知られているので、日照時間と自殺率の関係につい...続きを読む
コメント(2)
icon

自殺大国日本

日本は、主要先進国の中でロシアに次いで自殺率が高いことをご存知でしょうか?日本の自殺率は、アメリカの2倍以上、イギリスやイタリアの3倍以上なのです。 日本の自殺者数は、2006年には32,155人に達し、以来毎年3万人を超えています。警察庁の調べによると...続きを読む
icon

うつ病になりやすい単身赴任者

うつ病などの心の病に罹る単身赴任者が急増しています。 1980年代初めの流行語に、“札チョン”という言葉があります。これは、札幌のチョンガーという意味で、当時の労働省の調査によると、全国の“○○チョン族”は40万人を超えていたといいます。 しかし、単身赴...続きを読む
icon

うつ病になりやすい職場環境

うつ病になりやすい職場環境というものがあることが、専門家から指摘されています。 具体的なうつ病になりやすい職場環境として、次のようなことがあげられています。 自分の能力以上の高い成果を要求される仕事の納期にゆとりがなく厳しい新しい仕事が次々に入り、終わり...続きを読む
コメント(6)
icon

うつ病は本人が気付いていないことも

さまざまなストレスがあふれる現代社会において、うつ病に悩む人が急増しています。 世界保健機関(WHO)の推定データをもとにすると、20人に1人くらいは、うつ病を経験している計算になるといいます。 うつ病の最大の危険性は、自殺に走る点ですが、厚生労働省のデ...続きを読む
スポンサーリンク
おすすめコンテンツ
サイト内検索
カスタム検索
スポンサーリンク


Copyright © 2007-2017 「うつ」の心に癒しを。