うつ病の症状

カテゴリ「うつ病の症状」に属する記事一覧です。(3ページ目)
icon
精神的な障害に対する差別や偏見をなくして、うつ病患者本人やその家族が、前向きな気持ちで病気に向き合うという意味で、「うつ病は風邪のようなもの」という考え方は大切なものです。 しかし、うつ病を風邪のようなものだといって軽く見てしまうことは、とても危険なこと...
icon
うつ病では、さまざまな精神症状が現れます。 なかでも、朝に抑うつ症状が強く現れ、夕方になるにつれて、だんだん調子が良くなる(日内変動)のが、うつ病の大きな特徴といえます。 この「日内変動(にちないへんどう)」があるかどうかが、うつ病かどうかを見分ける一つ...
icon
うつ病が呈する、あるいはうつ病に似た症状を呈する様々な症候群(シンドローム)があります。よく知られている症候群としては、次のようなものがあります。 ■空の巣症候群(からのすしょうこうぐん) 空の巣症候群は、ようやく子育てが終わった年代の主婦に多くみられます...
icon
サラリーマンにとって朝の日課ともいうべき新聞を読む気力すらない。 これは、うつ病のなかでも、特に朝の疲労感が非常に強く、出社拒否につながることも多い状態で、「朝刊シンドローム」といわれています。 仕事に夢中だったときは毎朝きちんと新聞を読んでいたのに、急...
icon
うつ病において、身体的な症状が前面に出て、精神的な症状があまり感じられないことがあります。このような場合、うつ病ではなく、身体の病気だと考えてしまいがちです。 本来はうつ病なのに、うつ病が身体症状に隠れているケースを「仮面うつ病」といいます。仮面うつ病は...
icon
世の中には、うつ病に罹りやすい人と、うつ病に罹りにくい人がいるといわれています。 次のような人がうつ病に罹りやすい人といわれていますが、私自身を顧みても、すべて「うつ病に罹りやすい人」に当てはまるような気がします。 ■いい人 うつ病に罹ると、自分は心が弱い...
スポンサーリンク
記事検索


Copyright © 2007-2020 「うつ」の心に癒しを。