心の癒し方いろいろ

カテゴリ「心の癒し方いろいろ」に属する記事一覧です。(3ページ目)
icon
バナナには、精神を安定させ、睡眠作用がある「セロトニン」の原料となる「トリプトファン」が豊富に含まれていることが知られています。 セロトニンの量が低下すると、漠然とした不安感や睡眠障害、うつ状態などを招きます。 しかし、セロトニン自体は口から摂取すること...
icon
生活習慣病にとって、コレステロールは大敵のようにいわれていますが、脳の働き、特に気分の安定のためには、脂肪を極端に制限することは良くないとされています。 近年では、生活習慣病として、高コレステロール血症が話題になっています。 コレステロールは、一部は食物...
icon
うつ病の治療に用いる抗うつ薬の一つであるSSRIは、脳内の神経伝達物質であるセロトニンの機能を亢進させる作用を持ちます。 セロトニンは、トリプトファンから合成されます。トリプトファンは赤身の肉に多く含まれていますが、卵や牛乳などにも多く含まれています。 ...
icon
2005年に実施されたペットに関する全国世論調査において、次のような結果が出ています。 「ペットといると気持ちが癒やされることがある:79%」 「ペットといる時の方が人といる時よりも落ち着く:36%」 ペットに限らず生き物には、人間を癒す効果があるようです...
icon
整体(せいたい)とは、脊椎・骨盤・手や足などの体全体の骨格の歪みやズレの矯正と骨格筋の調整などを行い、身体全体のバランスを調整し、人間が本来持っている自然治癒力を高める治療法をいいます。 整体治療を受けることで、骨格、筋肉、神経、内臓などの機能が正常にな...
icon
手軽でリラックス効果の高いリラクゼーションの方法として、アロマテラピー(日本語としては「芳香療法」といわれています。)があります。 アロマテラピーとは、植物の香りで心身のリラックスを図るというものです。 アロマテラピーでは、植物から抽出した精油(これを「...
icon
温泉は古くから心身の「癒やし」に利用されてきています。この温泉の癒やしの効用を医学的に解明し、積極的に利用しようというのが温泉療法です。 ■温泉とは? 日本の温泉法では、地中から湧き出た時の温度が25度以上、あるいは指定された18種類の成分(硫黄、鉄、炭酸...
icon
温泉にはさまざまな効能があります。私も温泉が大好きです。温泉と転地効果との相乗効果で、心身ともに本当に癒されます。 ただ、うつ病の急性期には、温泉に関わらず、旅行など遠出は避けた方がよいと思っています。 うつ病で心のエネルギーが枯渇しているなか旅行に行っ...
icon
ヒーリングとは、心身に働きかけて生命力・自己治癒力を引き出し、治癒・回復を促す活動を意味します。また、ヒーリングは、「癒し」と同じ意味を持ちます。 ヒーリングは、リラクゼーションという感じの軽い意味から、難病やトラウマからの開放も含めて心と身体の健康を回...
icon
フラワーエッセンスの歴史は古く、一説には有史以前から伝え用いられてきたといわれています。 近年になり、フラワーエッセンスを花療法として体系づけたのは、1930年代のイギリスの著名な細菌学者であり、ホメオパシー医(医学士、外科専門医、公衆衛生学者)でもあっ...
コメント(2)
icon
ハーブとは、食用または薬用植物のうち、主として葉や茎を香料として利用するものの総称をいいます。 ハーブには自然の癒しパワーがあり、ヨーロッパではハーブが古くから健康に良いとされ用いられてきました。日本でも、健康指向にのって、ハーブ製品に対する人気が高まっ...
コメント(2)
icon
自然界、特に森林の中で植物が発散している「フィトンチッド」という物質の存在は、古くから知られていました。 フィトンチッドの働きは、ロシアをはじめとする各国で研究され、人間の体にも好影響を与えることがわかってきました。フィトンチッドには、生理機能の促進など...
icon
音楽療法とは、音楽を治療的に利用した療法のことで、古代ギリシャ時代から始まったといわれています。 音楽療法の治療的な意義としては、心身の平穏作用、感情のカタルシス作用、非言語的な自己表現の実現とコミュニケーション作用などがあります。また、音楽療法は、自閉...
スポンサーリンク
記事検索


Copyright © 2007-2019 「うつ」の心に癒しを。