適応障害

カテゴリ「適応障害」に属する記事一覧です。
icon

職場不適応症とは?

職場不適応症は、精神医学上の用語ではありません。職場不適応症はもともと、職場のメンタルヘルスを担当する産業医が、職場での問題を訴える労働者に対して、精神医学的な対応を考える際に使用していた用語です。職場不適応症という用語は現在、病態だけでなく、その発症や...
コメント(87)
icon

適応障害の薬物治療

適応障害においては抑うつ気分が現れることがほとんどなので、適応障害の薬物治療としては、抗うつ薬が通常処方されます。 抗うつ薬は、セロトニンやノルアドレナリンなどの脳内神経伝達物質の量を増やし活性化させることにより、抑うつ気分を改善させます。 抗うつ薬には...
icon

適応障害治療の基本

適応障害は、数ある精神疾患の中でも比較的軽症で、適切な治療を受ければ早期に寛解(症状が消え病気の進行がストップした状態)する精神疾患といわれています。 適応障害の治療の基本として、一般に次の3つの項目が重要だとされています。 一つ目は、ストレス要因の軽減...
icon

適応障害はうつ病の一歩手前

適応障害は、精神疾患の分野では、うつ病の一歩手前の病態と捉えられています。 適応障害は、心の健康状態が低下しつつある危険サインと認識すべきです。適応障害は、軽いからといっても気の抜けない病気です。事実、適応障害からうつ病に移行してしまう例が少なくないから...
コメント(23)
icon

適応障害とうつ病の違い

適応障害は、うつ病や不安障害と同様、配偶者など近親者との死別、昇進、異動、人間関係のもつれといったことがストレス要因となり発症します。特に、軽症うつ病と適応障害は非常によく似ており、医師でも判断に迷う場合があるようです。 適応障害は、限りなく軽症うつ病に...
コメント(86)
icon

適応障害とは?

適応障害とは、入学、就職、失業、結婚、離婚、独立、病気、事故など明確な強いストレスによって抑うつ気分や不安、攻撃的な行動などを引き起こす、学校や職場、家庭といった社会的環境に対する不適応をいいます。 適応障害は、本人にとっては乗り越え難い強いストレスを受...
コメント(18)
スポンサーリンク
サイト内検索
カスタム検索


Copyright © 2007-2017 「うつ」の心に癒しを。