不安障害

カテゴリ「不安障害」に属する記事一覧です。
icon

嘔吐恐怖症とは?

恐怖症には、実に様々な種類があります。恐怖症は、不安神経症と呼ばれていた頃もありますが、現在では不安障害に分類されていて、強迫性障害やパニック障害に近いといわれています。 嘔吐恐怖を持つ人は、自分が吐くことはもちろん、他人が吐くことに対しても恐怖心を抱き...続きを読む
icon

強迫性障害(OCD)の受診目安

強迫性障害(OCD)は一般に、性格の問題や習慣、環境など、単一の要因で説明できる病気ではなく、様々な要因が発症や悪化に関与しているといわれています。また、脳自体の機能的な問題が、強迫性障害の発症や悪化のしやすさの背景にある可能性も指摘されています。 大切...続きを読む
icon

強迫性障害(OCD)の特徴

強迫性障害(OCD)の最大の特徴は、強迫観念や強迫行為(強迫症状)自体は常軌を逸しているものの、それ以外のことについては全く正常な人と同じか、あるいはそれ以上に優れた能力を持っているということです。 また、うつ病などの精神疾患と決定的に違う点は、自分の強...続きを読む
icon

全般性不安障害(GAD)とうつ病

全般性不安障害(GAD)の経過は慢性的で、その重症度と症状のパターンは変動的であるといわれています。 全般性不安障害の発症は、主に20歳代前半で、60歳以降に発症する例は稀であるといわれています。また、20歳代よりも早期に発症するケース、特に10歳以前に...続きを読む
コメント(17)
icon

心的外傷後成長(PTG)とは?

心的外傷後成長(PTG:Post-Traumatic Growth)とは、近年提唱されている概念で、心的外傷(トラウマ)を体験した後ポジティブな心理状態へと変化を遂げる、つまり、心に傷を負った人がその後人間的な成長を遂げることをいいます。 命に危険が迫る大規模な災害や、事故、...続きを読む
コメント(6)
icon

災害時のトラウマからの回復

過去の災害時の経験から、たとえ一時的に精神が不安定になったとしても、被災者の多くは、自然に軽快して行くとされています。したがって、地域全体に対して講じるべき精神保険医療対策は、この自然回復のプロセスを支援することを軸とするのが実際的であると考えられていま...続きを読む
icon

災害時の子供のメンタルヘルス

大地震などの災害は、幼い子供のメンタルヘルスにも大きな影響をもたらします。具体的には、次のような症状を呈する子供は要注意とされています。これらの症状は急性ストレス反応といわれ、長期化する場合は、PTSD(心的外傷後ストレス障害)である可能性があります。 ...続きを読む
コメント(1)
icon

災害時の精神医療(具体的対応)

災害時の精神医療については、被災者、地域、医療者・支援者に分けて、具体的に次のような対応が求められています。 ■被災者に対して 話を聞くことは、被災者を落ち着かせる上で効果的である。最も良い聞き手は、家族、親族、友人である。そういう人との連絡が取れるように...続きを読む
icon

災害時の精神医療(概要)

災害後の被災者は、現実的な被害としての死傷や家屋の喪失などによる苦痛と同時に、突然の運命に見舞われたことに対する言いようのない恐怖や不安を感じています。そこで、生命、身体、生活への迅速で適切な対応がまず重要だと言えます。ただ、それだけで恐怖や不安という心...続きを読む
icon

災害時の心理反応と精神疾患

被災者に生じる心理反応や精神疾患には、次のようなものがあるとされています。 ■トラウマ 災害による体感(地震の揺れや音、火災の炎や熱、爆発の音や熱風)災害による被害(負傷、近親者の死傷、自宅の被害)災害の目撃(遺体、損壊した建物、悲惨な場面、人々の混乱)⇒...続きを読む
icon

災害時のメンタルヘルス

大地震などの災害は、家屋の損壊、身体の負傷、家族の犠牲のほか、生活環境の変化など様々な要因によって、被災者に甚大な心理的負担を与えます。また、災害時の恐怖や悲惨な光景を目の当たりにすることによる心的外傷(トラウマ)など、被災者のメンタルヘルスが悪化する恐...続きを読む
icon

ロゴセラピーとは?

ロゴセラピー(Logotherapy)は、ヴィクトール・E・フランクルが創始した精神療法です。「ロゴ」とは、ギリシャ語のロゴス(logos)に由来し「意味」を表します。ロゴセラピーにおいて、自分の人生に「意味」を見出そうとする意志は、人間の根源的な動力であると考えます。...続きを読む
icon

森田療法の「あるがまま」

森田療法では、「あるがまま」という言葉(標語)がよく使われます。この「あるがまま」には、不安や恐怖をそのまま受け止めるというだけでなく、不安や恐怖があることによって生じる自然な心の動きをもそのまま受け止めるという意味も含まれます。 したがって、「あるがま...続きを読む
icon

視線恐怖とは?

視線恐怖とは、正視恐怖ともいい、自分の視線が他人を不快にすると悩む、自己臭恐怖や醜形恐怖などと近い、対人恐怖の一類型に位置づけられる疾患です。視線恐怖は、日本人に多いことで知られています。 視線恐怖の命名者は、森田療法の創始者である森田正馬(まさたけ)。...続きを読む
コメント(6)
icon

不安障害の生涯有病率

全般性不安障害やパニック障害を代表とする不安障害の生涯有病率(一生のうちで病気に罹る人の割合)は、一般的に男性よりも女性の方が高いといわれています。 全般性不安障害の生涯有病率は5%程度といわれ、好発年齢としては若い世代が多く、なかでも20歳以下で発症す...続きを読む
コメント(51)
icon

パニック障害と睡眠障害

パニック障害は、明らかな原因もなく、動悸、呼吸困難、胸痛、発汗、死や病気への恐怖など、激しい精神的身体的な発作(パニック発作)を繰り返し、そのため発作への不安(予期不安)から、外出などが困難となり日常生活に大きな支障を来す病気です。 パニック発作は、目覚...続きを読む
コメント(17)
icon

森田療法と神経症治療

森田療法は、東京慈恵会医科大学の精神科教授であった森田正馬(もりたまさたけ)によって1920年頃に創始された精神療法です。 森田療法は、森田正馬自身が青年時代に神経症(現在でいう強迫性障害やパニック障害)と考えられる病気で苦しみ、その自身の克服体験に基づ...続きを読む
icon

神経症とは?

神経症(neurosis)という用語は、現在の国際的な分類(DSMやICD)では項目としてはなくなり、使われることが少なくなっています。 神経症にあたるドイツ語は「neurose」(読みはノイローゼ)で、ノイローゼを神経症の意味で使うことがありますが、一般的に使われてい...続きを読む
コメント(5)
icon

EMDRとは?TFTとは?

EMDRとは、PTSD(心的外傷後ストレス障害)の治療として用いられている方法で、「Eye Movement Desensitization and Reprocessing」の頭文字をとったもので、眼球運動と回想、情緒の認識を組み合せた技法をいいます。 EMDRは、認知行動療法の一種として広まり、...続きを読む
icon

PTSDの心的外傷体験

PTSDにおける心的外傷体験の「体験」とは、実際に重症を負ったり、死亡したりするような災害や事件といった出来事をいい、具体的には、災害や戦争、事故、暴力(いじめや嫌がらせも含む)、性的虐待、幼児虐待などが含まれます。 PTSDの人は、心的外傷体験の後、当...続きを読む
コメント(3)
スポンサーリンク
おすすめコンテンツ
サイト内検索
カスタム検索
スポンサーリンク


Copyright © 2007-2017 「うつ」の心に癒しを。