不安障害

カテゴリ「不安障害」に属する記事一覧です。(3ページ目)
icon
社会不安障害(SAD)に該当するかどうかは、まずは、うつ病など他の精神疾患でないことを確認したうえで見極めることが大切です。 社会不安障害の診断のポイントは、苦痛のレベルや支障の程度にあるとされています。苦痛のレベルや支障の程度によって、本来の仕事や日常...
コメント(6)
icon
社会不安障害(SAD)は、うつ病やアルコール依存症と併発しやすいことが広く知られています。 米国において1992年に行われた大規模な調査では、社会不安障害の33.8%にうつ病との併発、18.8%にアルコール依存症との併発、13.0%に薬物依存症との併発が...
icon
2008年5月30日付読売新聞によると、日本精神神経学会は、社会不安障害を「社交不安障害」、行為障害を「素行障害」に変えるなど、誤解や偏見を招きやすい用語の改定を決めたといいます。 また、外傷後ストレス障害は「心的外傷後ストレス障害」、人格障害は「パーソ...
icon
社会不安障害(SAD)に対する治療薬として広く使用されているのが、フルボキサミンやパロキセチンで、現在では、社会不安障害の治療において第一選択薬になっています。 フルボキサミンやパロキセチンはSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)とよばれる薬で、も...
icon
パニック障害は、頑固な慢性病といえます。また、パニック障害は、非常に疲れやすく、無理がきかない病気ともいわれています。 日常生活において、パニック障害を悪化させる要因として、次の3つが一般にいわれています。これらのことに十分に注意し、できるだけ節制した生...
icon
心気症は「疾病恐怖」ともよばれ、身体には異常がないにもかかわらず、「自分は癌ではないか」などと、6か月以上の長期にわたって不安が継続し、日常生活に支障をきたす状態をいいます。 心気症では、自分の健康や些細な身体の不調に著しくこだわり、これに執拗にとらわれ...
コメント(4)
icon
心的外傷後ストレス障害(PTSD:Post-Traumatic Stress Disorder)とは、たとえば、阪神・淡路大震災のような命に危険が迫るような非常に強い恐怖や、事故、暴行、脅迫などの事件による外傷的ストレス(トラウマ)を体験した後、その出来事を繰り返し思い出して恐怖にさ...
icon
2008年4月9日付HealthDay Newsによると、米国では、約1,500万人が社会不安障害(SAD)によって通常の社会生活を送れずにいることが新たな調査で判明したそうです。 調査を実施した米国不安障害協会(ADAA)によると、社会不安障害のために孤立し、肩身の狭...
icon
パニック発作は、不安発作ともいい、激しい動悸、めまい、呼吸困難、吐き気、手足のしびれ、発汗(冷や汗)、胸が締め付けられるような胸痛などの自律神経症状が突然起こるもので、強い不安感や恐怖感を伴います。パニック発作は、特定の原因がない状態の時(睡眠中など)で...
コメント(6)
icon
全般性不安障害(GAD:Generalized Anxiety Disorder)とは、日常のちょっとした出来事に対して過剰な不安を抱き、この過剰な不安が6か月以上続き、自分では不安を払いのけられず、著しい苦痛を感じ、日常生活や社会生活に支障をきたしてしまう病気をいいます。 全般性...
icon
強迫性障害(OCD:Obsessive-Compulsive Disorder)とは、従来は強迫神経症とよばれていた病気で、強迫観念と強迫行為という強迫症状を主体とし、職場や学校、家庭など、社会生活や日常生活に支障をきたす病気です。 強迫観念とは、自分の意思に反して繰り返し頭に浮かぶ...
icon
社会不安障害(SAD:Social Anxiety Disorder)とは、人前で恥をかいたり、恥ずかしい思いをすることに対して絶えず極度の不安や恐怖を感じていて、人前で話したり、食べたり、飲んだり、字を書いたりするような場面に置かれると、強い不安反応が誘発され、職場や学校など...
コメント(8)
icon
心身ともに健康な人であっても、日常生活の中で不安と縁がない人はいないと思います。 たとえば、経済的な不安や人間関係にかかわる不安、仕事の心配、病気など、多岐にわたります。 健康な人が誰しも持つこのような不安は、本人にとって耐えられるものであり、一定の時期...
スポンサーリンク
記事検索


Copyright © 2007-2019 「うつ」の心に癒しを。