メンタルヘルス全般

カテゴリ「メンタルヘルス全般」に属する記事一覧です。(5ページ目)
icon
更年期といえば女性というイメージが強いですが、男性にもストレスや老化から心身のバランスを崩す更年期があります。 男性の更年期には、45歳前後と50歳前後の2つの時期に大別されるようです。 女性ならば、閉経に伴うホルモンバランスの変化で更年期障害が起きます...
icon
自殺の危険因子としては一般に、愛する身内などを亡くしたという喪失体験があげられていますが、最も重要なのは自殺未遂歴です。狂言自殺という言葉がありますが、自殺未遂を軽くみることは、非常に危険です。 自殺を一度でも図った人は、再び将来も繰り返し、最後には命を...
icon
EAPとは、「Employee Assistance Program」の頭文字をとったもので、「社員支援プログラム」と日本語では訳されています。 EAPの発祥はアメリカで、社員のためのメンタルヘルスのプログラムを外部委託するシステムを意味します。 企業内にメンタルヘルスの管理機能を...
icon
月経前になると、頭痛、乳房が痛む、お腹が張る、便秘、のぼせ、イライラ、神経質になる、無気力になるなど様々な症状が出る女性は多く、仕事をするのが辛くなる程度のものを「月経前症候群」(PMS。月経前緊張症とも)といい、さらにこれ以上に重症なものを「月経前不機...
コメント(70)
icon
働き盛りの中高年サラリーマンの間に増えつつある心身の疲れを、精神科医の関谷透氏は、金属疲労ならぬ“勤続疲労”と名づけています。 1985年の日航ジャンボ機墜落事件で話題になった“金属疲労”に掛けた言葉です。 金属のある1箇所に繰り返して力が加えられ続ける...
icon
結論からいうと、「厳格な」ベジタリアン(菜食主義者)は、うつ病になりやすいようです。 ベジタリアンでも卵や牛乳を許容されていることが多く、この場合は、トリプトファンを十分に摂取できるので、ベジタリアンでもうつ病になりにくいと考えられています。 厳格なベジ...
icon
全世界では、年間約100万人が自殺で死亡しており、2020年には150万人になると推定されています。 100万人の自殺者に対して、殺人による死者は50万人、戦争関連の死者は30万人ですので、いかに自殺が多いかが分かります。 自殺は全死亡の2.5%を占め、...
icon
うつ病や神経症などの心の病が、30代のサラリーマンをむしばんでいるといいます。 30代というと、職場と家庭の両立など、もともとストレスがたまりやすい年代ではありますが、さらに終身雇用が崩壊し、実力重視の成果主義が幅を利かせる世相が背景としてあるように感じ...
icon
上司としての権威を振りかざして、部下に指示命令する。部下の声には耳を貸さず、何かといえばすぐ説教口調になる。部下が思うように仕事ができないと激しく叱責し、上司としての責任は認めない。 まさに、私の元上司がそうでした。 これほど極端な上司は少ないと思いますが...
コメント(2)
スポンサーリンク
記事検索


Copyright © 2007-2019 「うつ」の心に癒しを。