精神障害者の医療

カテゴリ「精神障害者の医療」に属する記事一覧です。
icon

精神科専門薬剤師とは?

専門薬剤師は、「特定の専門分野における薬物療法等についての十分な知識と技術を用いて、各医療機関において質の高い業務を実践するとともに、他の薬剤師に対する指導的役割を果たし、研究活動等についても行うことができる能力を有することが認められた者」(一般社団法人...
icon

精神保健指定医とは?

精神保健指定医とは、一定の精神科実務経験を有し、法律等に関する研修を修了した医師のうちから、患者本人の意思によらない入院や行動制限の判定を行う者として、厚生労働大臣が指定した医師をいいます。 精神保健指定医としての指定にあたっては、次の要件を満たしている...
icon

都道府県立精神科病院とは?

都道府県立精神科病院とは、精神保健福祉法によって各都道府県に対して設置が義務付けられている、精神医療を行う専門病院をいいます。 この精神保健福祉法の規定には、自分の症状に関して的確な判断ができない精神障害者は、できるだけ公的機関が管理運営する医療機関で治...
コメント(2)
icon

任意入院とは?

任意入院とは、精神障害者本人の同意に基づいて行われる精神科病院への入院をいいます。 精神保健福祉法では、精神科病院の管理者は、精神障害者を入院させる場合においては、本人の同意に基づいて入院が行われるように努めなければならないと規定しています。 この規定自...
コメント(2)
icon

措置入院とは?

措置入院とは、医療及び保護のために入院させなければ、その精神障害のために自身を傷つけ又は他人に害を及ぼすおそれがあると認められる精神障害者に対する、都道府県知事が行う強制的な入院をいいます。 措置入院を行う場合は、2人以上の精神保健指定医の診察が必要にな...
icon

緊急措置入院とは?

緊急措置入院とは、急速を要し、通常の措置入院の手続を踏むことができない場合において、精神障害者を直ちに入院させなければその精神障害のために自身を傷つけ又は他人を害するおそれが「著しい」と都道府県知事が判断した場合に行われる強制的な入院をいいます。 緊急措...
icon

医療保護入院とは?

医療保護入院とは、家族等の同意※と精神保健指定医の診察を要件として、精神障害者本人の同意がなくても行うことができる強制的な入院をいいます。 ※配偶者、親権者、扶養義務者、後見人、保佐人のうちのいずれかの者の同意。該当者がいない場合等は、市町村長が同意の判断...
コメント(2)
icon

応急入院とは?

応急入院とは、指定病院の管理者が、医療及び保護の依頼があった者について、急速を要し、家族等※の同意を得ることができない場合において、本人の同意がなくても行うことができる強制的な入院をいいます。 ※配偶者、親権者、扶養義務者、後見人、保佐人をいう。 応急入院...
スポンサーリンク
サイト内検索
カスタム検索


Copyright © 2007-2017 「うつ」の心に癒しを。