ストレス関連の疾患

カテゴリ「ストレス関連の疾患」に属する記事一覧です。
icon

心身症治療と漢方医学

西洋医学と東洋医学は、思想的立場を異にします。西洋医学が、近代科学に基盤を置き、分析的手法かつ心身二分論に立脚するのに対し、東洋医学は、自然思想に基盤を置き、包括的・個別的手法かつ心身一如に立脚しています。 東洋医学の中でも特に漢方医学では、病人を身体的...
icon

ストレスと過労

過密・長時間の労働や長時間の通勤で、労働者の休息や睡眠時間が圧縮されています。疲労回復に必要な休息や睡眠時間が削られると、心身ともに疲労が蓄積して過労状態となります。 過労は、簡単には回復しません。過労状態が続いているにもかかわらず、休息などの回復の機会...
コメント(2)
icon

心身症とストレス対策

心身症の治療や予防のために最も重要になるのが、ストレス対策です。日頃のストレスとの付き合い方が重要になります。 ストレスの感じ方は個人差が大きく、同じ事でもストレスをあまり感じない人もいれば、強いストレスを感じる人もいます。ストレスに耐える力をストレス耐...
icon

心身症の治療

心身症は、ストレスが原因となって発症する身体の病気ですので、原則的にはまず身体の治療を行い苦痛を軽減し、そして精神医学的な治療を合わせて行います。 心身症として扱い得る身体の病気は多種多様で、非常に個別性が強く、各診療科にまたがっています。したがって、心...
icon

心身症:皮膚科系・耳鼻咽喉科系

1.皮膚科系の心身症 皮膚科系の領域で取り扱うことがある心身症でよく知られているものが、円形脱毛症やじんま疹です。 円形脱毛症は、強い精神的ストレスや強い不安に引き続いて発症することが多いとされています。円形脱毛症を発症した後は、劣等感や羞恥心を抱きやすく...
コメント(4)
icon

心身症:内分泌系・神経系

1.内分泌系の心身症 内分泌系の心身症としては、糖尿病や肥満症がよく知られています。 特に、成人になって発症するインスリン非依存型の糖尿病は、その多くが心身症であるといわれており、糖尿病の発症や経過に精神的なストレスや社会的な要因が深く関係していると考えら...
icon

心身症:循環器系・消化器系・呼吸器系

1.循環器系の心身症 循環器系の心身症としては、高血圧症と狭心症が最も代表的なものとしてあげられます。 高血圧症の中には、精神的ストレスによって血圧が大きく変動する病態があり、心身症として取り扱う必要のあるものが多くみられるとの指摘があります。 狭心症は、...
icon

心身症の割合

心身症は単一の疾患名ではなく、内科や婦人科、耳鼻咽喉科などの各診療科が対象とする身体疾患の中にみられるものですので、心身症の割合がどれほどかは正確には分かっていません。 しかし、一般的には、たとえば内科の受診患者の内、少なくとも3割程度は心身症として治療...
icon

多重人格と離人症

多重人格は、解離性同一性障害ともいいます。 多重人格(解離性同一性障害)においては、二人以上の別の人格が入れ替わりながら、本人の行動をコントロールします。多重人格において現れる人格は、それぞれ別の人格としてそのまま成長を続けることがあり、また、多くの場合...
icon

解離性健忘と解離性遁走

解離性障害という言葉は、あまり世の中に知られていないかもしれません。解離性障害は、簡潔に表現すれば「自分であって自分でない」状態で、苦境に置かれた時に、その苦境から身を守ろうと、心と体が別々の行動をとったり、記憶を喪失するなどの症状が現れます。 解離性障...
icon

自律神経失調症予防のための栄養素

自律神経失調症を予防するためには、食生活の改善も必要です。1日3回の食事を一定の時間にとれれば理想的です。 また、自律神経失調症を予防するには、ストレス耐性を高めることがポイントになります。抗ストレス・ビタミンとよばれるビタミンCとビタミンB1を補給して...
icon

解離性障害とは?

解離性障害の「解離」とは、ひどい虐待やいじめ、親の自殺現場に直面するなどの強い情動体験によって、人格の同一性が失われることを意味します。 解離性障害は、苦しんでいる自分を別の人格であると見立てる(解離機能)ことによって苦しい状況を回避しようとする、心因性...
コメント(2)
icon

自律神経失調症の予防とストレス対策

自律神経失調症の予防のためには、生活習慣を改善することが大切です。 人間には、体内時計とよばれる生体リズムが備わっています。たとえば、朝日を浴びると体温や血圧が上昇し頭も冴えて、活動モードに入ります。逆に、夜になると体温や脈拍、呼吸数が低下し、眠りを深く...
icon

ストレスと免疫機能

免疫機能は、ストレスによる様々な影響を受けることが明らかにされています。 ストレスが免疫機能に与える悪影響の具体例としては、アレルギー疾患、感染症、がん、抑うつ気分など多岐にわたります。 ストレスを受ける時間や、ストレスの種類、ストレスの量などの条件によ...
コメント(2)
icon

帯状疱疹とストレス

帯状疱疹は、子供の頃に罹る水疱瘡のウイルス(水痘・帯状疱疹ウイルス)によって発症するウイルス感染症の一つです。 成人になってもこのウイルスが体内に潜んでいる場合、ストレスや疲労、睡眠不足、栄養不良などで体力・抵抗力が落ちていたり、糖尿病やがんなどで免疫力...
icon

対象喪失とストレス

愛情や依存の対象を、死別や生き別れによって失う体験を「対象喪失」といい、この時に生じる心の反応を「喪失反応」といいます。 対象喪失は、人がその生涯に経験する最も頻度の高い重大なストレスとなります。対象喪失でいう「対象」には、人だけでなく、自分の身体の一部...
icon

自律神経失調症の治療

自律神経失調症の治療は、大きく2つに分けられます。 一つは、現れている自律神経失調症の症状を抑える対症療法です。具体的には、痛みがあれば鎮痛薬、不眠であれば睡眠薬など、症状に合わせた処方がなされます。また、漢方薬や自律神経調整薬※もよく処方されます。対症...
icon

女性と自律神経失調症

現代社会はストレス社会といわれ久しく、大人はもちろん子供まで、強いストレスを抱える世の中になってしまいました。近年、自律神経失調症に悩む人が増えているのも、当然のことなのかもしれません。 自律神経失調症の男女比では、女性が圧倒的に多いとされています。これ...
icon

自律神経失調症の原因

自律神経のバランスが崩れる原因は、未だはっきりと特定できてはいませんが、ストレスや生活習慣が大きく影響していることは間違いなさそうです。 特にストレスの場合、適度なストレスを受けているのであれば発散も容易でしょうが、過剰なストレスを受け続けていると、体が...
icon

自律神経失調症の症状

自律神経失調症の症状は、実に様々です。自律神経失調症の具体的な症状の一例としては、頭痛、肩こり、めまい、手足の冷え・しびれ、顔がほてる、下痢、便秘などがあげられます。 病院を受診し検査をし、その結果、これらの症状の原因が判明すれば、治療方針が明確になり、...
スポンサーリンク
サイト内検索
カスタム検索


Copyright © 2007-2017 「うつ」の心に癒しを。