発達障害

カテゴリ「発達障害」に属する記事一覧です。
icon
小児期崩壊性障害は、俗にヘラー病とも呼ばれる広汎性発達障害の一つで、少なくとも2年の正常な発達の後、顕著な精神発達の退行が生じます。その後、10歳までに、次のうち2つ以上の能力が失われるとされています。 言葉遊び社会的技能・適応行動排泄習慣運動能力 また、...
icon
巡回支援専門員整備事業とは、発達障害支援施策の充実を図るために、2011年4月に厚生労働省の事業としてスタートしたもので、2013年4月に障害者総合支援法が施行されたことに伴い、市町村地域生活支援事業のメニューの一つとして組み込まれることになりました。 ...
コメント(2)
icon
科学技術振興機構と広島大学は2010年12月16日付プレスリリースで、自閉症ヒト型モデルマウスを使った研究で、発達期に脳内神経伝達物質セロトニンの異常が生じていることを発見したと発表しています。 自閉症ヒト型モデルマウスとは、自閉症患者の染色体異常で最も...
icon
発達障害者支援センターとは、社会福祉法人をはじめ、発達障害者の福祉の増進を目的とする一般社団法人・一般財団法人・医療法人・NPO法人・地方独立行政法人などの法人であって、次に掲げる業務を適正かつ確実に行うことができると都道府県知事が認めて指定した者をいい...
コメント(3)
icon
TEACCH(ティーチ)とは、「Treatment and Education of Autistic and related Communication-handicapped CHildren」の頭文字を取ったもので、日本語では「自閉症および関連するコミュニケーション障害の子供への対応と教育」などと訳されています。 TEAC...
icon
ADHD(注意欠陥・多動性障害)には、3つのタイプがあるとされ、一つが多動・衝動性優位型、二つ目が不注意優位型、三つ目が混合型です。多動・衝動性優位型は非行や暴力に走りやすく、不注意優位型は不登校や引きこもりになりやすいといわれています。 ADHDのこれ...
コメント(8)
icon
発達性協調運動障害は、手足のいくつかの筋肉を協調させて動かす動作や運動が上手くできない状態のために、中度や重度の知的障害がないにもかかわらず、学業成績や日常生活に支障を来たしている場合に診断されます。 発達性協調運動障害には、工作など手先の器用さが必要と...
icon
発達障害者支援法(2005年4月1日施行)では、発達障害者に対する国・地方公共団体と国民の責務をそれぞれ定めています。 まず、国・地方公共団体の発達障害者に対する責務として、発達障害の発現後できるだけ早期に発達支援を行うことが特に重要であるとし、発達障害...
コメント(2)
icon
コミュニケーション障害には、言語的または非言語的コミュニケーションの障害である「表出性言語障害」と、これに加えて理解の欠如を含む「受容・表出混合性言語障害」があり、これらには、広汎性発達障害に伴うものや精神遅滞に伴うものは含みません。 さらにコミュニケー...
icon
学習障害(LD)では、他の疾患との併発が多くみられるとされています。学習障害と併発しやすい疾患としては、てんかん、チック障害などがあげられます。 てんかんとは、脳の神経細胞の一部が異常に興奮するために、倒れたり、けいれん発作を引き起こす病気です。 チック...
コメント(4)
icon
学習障害(LD:Learning Disabilities)とは、知的能力に発達の遅れがないにもかかわらず、読み・書き・計算のうちのいずれかを極端に苦手とし、学習の成果があがらないという発達障害をいいます。 学習障害には、読字障害、書字表出障害、算数障害があり、通常、就学前ま...
icon
レット障害は、最も重症な広汎性発達障害とされています。また、広汎性発達障害の中で唯一原因が特定できているのが、レット障害です。レット障害は、MECP2とよばれる遺伝子の突然変異によって発症することが明らかにされています。レット障害の有病率は、1万人に1人...
icon
広汎性発達障害の割合(有病率)は、約1%といわれています。また、広汎性発達障害の男女比は、男子が女子の2〜3倍多いといわれています。 広汎性発達障害の中で過半数という高い割合を占めているのが、特定不能の広汎性発達障害(PDDNOS)です。PDDNOSに次...
コメント(1)
icon
自閉症の症状は、3つに大きく分けられています。 1.対人関係の障害 母親に甘えない、視線を合わせない、同じ年齢の子と友人関係が築けないなどがあげられます。 2.コミュニケーションの障害 幼児期には言葉の遅れとして気づかれますが、その後は、オウム返し(これを...
icon
スペクトラム(spectrum)は、「(変動する)範囲」を意味する英語です。 自閉症スペクトラムとは、自閉症やアスペルガー症候群、PDDNOS(特定不能の広汎性発達障害)などについて、これらを単独・固有の病態として個々に捉えるよりも、症状に共通したものが多く、ま...
icon
アスペルガー症候群は、アスペルガー障害ともいい、自閉症と同様、対人関係の障害や常同的・反復的な行動や興味が認められますが、言語能力や認知能力、自己管理能力、適応行動、物事に対する好奇心といった面での発達に遅れはありません。 アスペルガー症候群は、乳幼児健...
コメント(25)
icon
ADHDとは、「Attention-Deficit/Hyperactivity Disorder」の頭文字をとったもので、日本語としては「注意欠陥・多動性障害」と訳されています。 ADHDは、アメリカ精神医学会が策定したDSM(「精神疾患の分類と診断の手引き」)によって定義されている医学用語で...
コメント(2)
icon
自閉症は、1940年代初めに早期幼児自閉症として報告され、当初は統合失調症の早期型と考えられていましたが、現在では自閉症と統合失調症とは切り離され、自閉症は発達障害(広汎性発達障害)と捉えられています。 広汎性発達障害とは、自閉症を中心的な障害とし、自閉...
コメント(5)
スポンサーリンク
記事検索
カスタム検索


Copyright © 2007-2017 「うつ」の心に癒しを。