精神障害者の雇用対策

カテゴリ「精神障害者の雇用対策」に属する記事一覧です。
icon
厚生労働省は2014年6月6日、ホームページ上で、改正障害者雇用促進法に基づき厚生労働大臣が定めることとされている、障害者雇用にあたっての「差別の禁止に関する指針」と「均等な機会の確保等に関する指針(合理的配慮の提供に関する指針)」に関する研究会報告書を...
icon
精神障害者雇用安定奨励金とは、精神障害者の雇用を促進し職場定着を図るため、精神障害者の雇い入れや休職者の職場復帰にあたり、精神障害者が働きやすい職場づくりを行った事業主に対して支給される奨励金で、2010年4月に創設された制度です。 精神障害者雇用安定奨...
icon
ジョブコーチとは、2005(平成17)年10月より施行されている改正「障害者の雇用の促進等に関する法律」に基づき職場適応援助者助成金の支給を受けて配置される職場適応援助者をいいます。 ジョブコーチは、障害者、特に精神障害者や知的障害者が円滑に就労できるよ...
icon
障害者雇用報奨金とは、常時100人以下の労働者を雇用する事業主に対して、障害者雇用に伴う経済的な負担を軽減し、障害者雇用を奨励する観点から支給される助成金です。 障害者雇用報奨金は、各月毎の算定基礎日(原則は初日)における雇用障害者数の年度合計数から、一...
icon
障害者雇用調整金とは、障害者雇用促進法で定められた雇用率(法定雇用率)を達成している事業主と達成していない事業主との間で、障害者雇用に伴う経済的な不均衡を調整するために設けられている制度です。 障害者雇用調整金制度は、常時101人以上の労働者を雇用する事...
icon
個々の企業では、障害者雇用のノウハウや仕事の確保等が不十分な場合において、複数の企業が、事業協同組合等を活用して協同で障害者雇用を推進することとし、次の6つの要件を満たす場合には、組合員である特定事業主で雇用される障害者を事業協同組合等に雇用された障害者...
icon
親会社の責任の下で、グループ全体で障害者雇用を推進することとし、次の5つの要件を満たす場合には、特例子会社を持たない場合でも、企業グループ全体で障害者雇用率を算定(通算)するができます。 ただし、子会社に別の特例の認定を受けた者がある事業主は、この特例を...
icon
特特例子会社を持つ親会社と親子関係にある関係会社が特例子会社の障害者雇用に貢献しており、次の4つの要件を満たす場合には、関係する子会社を含めて、企業グループ全体で障害者雇用率を算定(通算)することができます。 親会社が特例子会社の株主総会等の意思決定機関...
icon
障害者の雇用促進と雇用安定を図るために、障害者の雇用に特別の配慮をした子会社(特例子会社)を設立し、次の5つの要件を満たす場合には、その特例子会社で雇用される障害者を親会社に雇用された障害者とみなして、障害者雇用率を算定(通算)することができます。 親会...
icon
障害者雇用促進法では、民間の事業主には、全従業員の2.0%にあたる身体障害者もしくは知的障害者または精神障害者(精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている者)の雇用を義務付けています。 障害者の雇用義務は、個々の事業主毎に課されますが、障害者の雇用促進と雇...
icon
障害者の雇用に関する法律としては、「障害者の雇用の促進等に関する法律」(障害者雇用促進法)があります。 障害者雇用促進法では、すべての事業主は障害者である労働者に適当な雇用の場を与え、適正な雇用管理を行う責務があると定めています。 そのため、一定の規模以...
スポンサーリンク
記事検索
カスタム検索


Copyright © 2007-2017 「うつ」の心に癒しを。