精神障害者保健福祉手帳

カテゴリ「精神障害者保健福祉手帳」に属する記事一覧です。
icon

精神障害者の公営住宅入居時の優遇策

公営住宅(公団住宅や県営住宅など)には、障害者の優先入居という制度があります。 障害者や障害者を含む世帯は、住宅に関する困窮性がより高いとして、一般の住宅困窮者よりも入居を優先しています。 一定の障害がある場合は、入居するにあたっての抽選での当選確率が高...
icon

精神障害者に対する税金の優遇策

精神障害者に対しては、所得税をはじめとする各種税金の優遇措置が設けられています。 精神障害者に対する税金の優遇措置としては、まず、2級または3級の精神障害者保健福祉手帳の所持者に対する所得税の障害者控除(一般障害者控除)があります。この場合の控除額は、2...
コメント(5)
icon

精神障害者保健福祉手帳の返還

精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた者は、政令で定める精神障害の状態がなくなったときは、速やかに都道府県に手帳を返還しなければなりません。 また、精神障害者保健福祉手帳の返還は、手帳に記載されている居住地を管轄する市町村長を経由して行わなければならないと...
icon

精神障害者保健福祉手帳の更新手続

精神障害者保健福祉手帳の有効期間は2年間で、有効期間の延長を希望する者は、更新手続をする必要があります。 つまり、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた者は、厚生労働省令で定めるところにより、2年毎に、政令で定める精神障害の状態(障害等級)にあることについ...
icon

精神障害者保健福祉手帳の交付手続

精神障害者は、厚生労働省令で定める書類を添えて、その居住地の都道府県知事に精神障害者保健福祉手帳の交付を申請することができます。 都道府県知事は、精神障害者からの申請に基づいて審査をし、申請者が政令で定める精神障害の状態にあると判断したときは、申請者に精...
icon

精神障害者保健福祉手帳の障害等級

精神障害者保健福祉手帳の障害等級には、障害の重い順に1級・2級・3級の3段階があります。 障害等級は、医師(精神保健指定医その他精神障害の診断または治療に従事する医師)の診断書を基に、都道府県知事が判定します。また、判定は、(1)精神疾患の存在の確認→(2)精...
コメント(5)
icon

精神障害者保健福祉手帳とは?

精神障害者保健福祉手帳とは、一定の精神障害の状態にあることを証明する手段となるものであり、手帳の交付により、交付を受けた精神障害者に対して各方面からの支援策を得られやすくし、精神障害者の自立と社会参加の促進を狙いとして、1995(平成7)年に制度が導入さ...
スポンサーリンク
サイト内検索
カスタム検索


Copyright © 2007-2017 「うつ」の心に癒しを。