折々雑感

カテゴリ「折々雑感」に属する記事一覧です。
icon
関テレの「発掘!あるある大事典」、フジの「ほこ×たて」…枚挙に暇がない。そして、日テレの「世界の果てまでイッテQ!」にもヤラセ疑惑が浮上した。制作姿勢は“隠さず見せる”。真正直に進んだ方がいい。さて、ヤラセ感丸出しの通販番組。つい見てしまうのはなぜなのか...
コメント(5)
icon
2017年度の児童・生徒の自殺が過去最多となることが文科省の調査で判明した。遺書がなく原因が特定できないケースが多いという。厚労省からは“過労死白書”が発表された。教員の過重労働が浮き彫りにされている。我が日本、先生も子供も、疲れ果てているのかもしれない...
icon
中央省庁による障害者雇用数水増し。不正防止のために障害者雇用促進法を改正し、訪問調査などを実施しようとする動きが出てきた。それも大事なことだとは思うけれど、雇用率の達成自体が目的とならなければいい。それを達成した世の中が、決してあるべき姿ではないのだから...
icon
昭和の大スター、沢田研二氏が今70歳だという。その変わり果てた風貌に驚いた。先日、さいたまスーパーアリーナの空席の多さに憤慨し、ライブ開演30分前にドタキャンした。9月に逝去された樹木希林さん。今の彼の姿を見て、それでもジュリーィィィ〜と腰を振るだろうか...
icon
先週55歳を迎えた。昔なら定年も同時に迎えていたかもしれない。今なら役職定年を迎え会社での余生を送ることになっていたかもしれないが、いいか悪いか、成功か失敗かを別にすれば、そういう立場にはなり得ないドロップアウトした自分自身を、少しは労ってもいいだろうか...
icon
ノーベル賞を受賞した本庶佑先生が受賞後初めて藤田保健衛生大で講演を行った。「生きると同時に、どう死ぬかということも考えていかなければならない」と学生に訴えたという。「武士道と云ふは死ぬ事と見つけたり」と『葉隠』にある。死があるから、生が輝くのかもしれない...
icon
台風24号が今夜から明朝にかけ関東を通過する。そして25号がその後を追う。平成29年の国土交通白書によると「都市部等における内水氾濫の被害リスクが増大している」という。降った雨水があふれて建物や道路が浸水する“内水氾濫”。都市化の進展のツケが回って来たか...
icon
昨日、仕事帰りに善養寺に行った。夕日に照らされ静かだった。いつも秋のお彼岸で訪れると、咲く時を知っているかのように、境内に彼岸花が咲いている。今朝、ラジオ深夜便を聞いていたら、花言葉は「再会」だという。そのとおり、本当に会って、お礼を言いたいことがあった...
icon
今日9月16日、安室奈美恵さんが故郷の沖縄で引退を迎える。街は安室さん一色に染まり、ゆいレール各駅では歴代の曲が流れる。「輝かしい活躍は県民に大きな夢と感動を与えた」として、5月に故・翁長前知事から県民栄誉賞も贈られた。これからもずっと愛され続けると思う...
icon
6月の大阪府北部地震に続く今度の北海道胆振東部地震。当初は震度6強と発表されたが実は7だった。道内全域がブラックアウトし、厚真では山が一気に崩落し姿が一変、札幌では甚大な液状化現象が起きた。容赦なく非情に変動し続ける地下と空に、地上の人間が翻弄され続ける...
icon
「猛烈な」台風21号が向かって来る。明後日に四国から東海の間にほぼ確実に上陸する。そのせいか分からないが、昨日は30℃を少し超えるくらいだったものの、蒸し暑くてまいった。今日は一気に5℃も気温が下がるらしく有り難いが、外回り泣かせの雨降り。雨の中を淡々と...
コメント(6)
icon
台風一過の昨日、東京でも22日ぶりに猛暑となった。ただ、日盛りの日を浴びても、汗が噴き出して止まらないということはなく、季節の移ろいを肌で感じた。今年の24時間テレビのテーマは「人生を変えてくれた人」。僕の場合は、うつの原因の元上司Yか。逆縁の菩薩として...
icon
盆入りと2歳の誕生日の前日、山口で行方不明になった男の子。丸3日後、無事に山中で保護された。発見したのは大分の78歳の男性。今年のヒーローの一人だと思う。たった一人で過ごした誕生日も寂しく怖かっただろうけれど、ずっと御先祖様が見守ってくださっていたと思う...
icon
宮古島で50年に一度の大雨が降った。でも驚きはない。今年の異常気象が、感覚をマヒさせているのだろう。ところで、朝丘雪路さん逝去の99日後、津川雅彦さんが亡くなった。「彼女はお金にきれいな人」というコメントが印象に残っている。夫婦というものを考えさせられた...
icon
昨夜の江戸川区花火大会。日中は猛暑だったけれど、風があったお蔭で比較的楽に花火を楽しむことができた。ただ去年と同様、上空の風は弱かったせいか、滞留した煙で花火が見えなくなってしまう場面もしばしば。それを見ていた子の「残念賞!」の言葉が、無邪気で可愛かった...
icon
東から西へと進んでいる極めて異例な台風12号。昨日、東京でも特に夕方から風雨が強まった。外回りの仕事を早々に切り上げて帰る道すがら、アブラゼミの盛んに鳴くのを聞いた。雨の中でも鳴くものなのだ。この後、西日本を横断する恐れがある。先の豪雨被災地が心配である...
icon
昨年発表された文科省の調査結果によれば、小中学校の普通教室のエアコン設置率が半分に満たない。日本一暑い多治見市のある岐阜県でも55%に留まる。夏休み目前、豊田市では、扇風機しかない教室で意識を失った小学一年生が亡くなった。学校生活も、命の危険と隣り合わせ...
icon
「天災は忘れた頃にやって来る」は、もう今は昔の話なのかもしれない。東日本大震災後、毎年のように大地震や豪雨がやって来る。地上も地下も全世界がつながっているのだから、日本固有の問題ではないのだろう。そうだとすると、世界協調の深化も今後の課題なのかもしれない...
コメント(2)
icon
オウム真理教事件の死刑囚13人のうち、7人の死刑が一昨日、同日に執行された。平成7年3月20日の地下鉄サリン事件。その一報を、有休を取ってTDLへ向かう車の中で聞いたが、何が起きているのか分からなかった。あれから23年。平成の世が終わるまで、あと296日...
icon
九州などよりも先に一昨日、沖縄と奄美に続き、関東甲信が梅雨明けした。6月の梅雨明けは、観測史上初めてだという。短い梅雨だった。ということは、その分酷暑の季節が長いということか。最近、南風の強い日が続く。これを「白南風」と呼ぶのかな。気分も少し爽やかになる...
スポンサーリンク
記事検索


Copyright © 2007-2018 「うつ」の心に癒しを。