折々雑感

カテゴリ「折々雑感」に属する記事一覧です。
icon
中国で発生した新型コロナウイルスによる肺炎。その感染が中国国内だけでなく世界へも拡大している。一方、マスク業者には注文が大殺到しているらしい。常々思うことだが、ウイルスは人類最大の脅威の一つではないか。この目に見えぬ敵からの防衛に、核兵器など役に立たない...
icon
1月17日、6434人が亡くなった阪神・淡路大震災から25年を迎えた。今から47年前に刊行された小松左京氏の『日本沈没』。高速道路の崩壊が描かれたが、専門家からは非現実的だと批判された。だが、現実となった。日本を“沈没”させるのは、教訓の風化かもしれない...
icon
4日の仕事始めから1週間余り。去年と同様、今年もほとんど正月気分を味わうことがなかったから、そんなに大きなギャップを感じることなく平常を取り戻したという感じがする。第4四半期がスタートし、これから忙しくなりそうだ。一歩一歩、丁寧に淡々と歩を進めて行きたい...
icon
三が日もあっと言う間に終わり、昨日から今年の仕事が始まった。さすがに昨日は、というより一昨日から気が重かった。ぬくぬくと過ごした報い、楽あれば苦あり、覚悟を決めるしか仕方ない。幸い昨日に引き続き今日も晴れに恵まれそうだ。今日一日の枠の中を、今日も生きよう...
icon
厚生労働省によると17歳以下の7人に1人が貧困状態にあり、先進国の中でも特異であるという。日本の場合、「見えない貧困」であり、また「見せない貧困」でもあるという。食品ロスが年間600万トン。物があふれる時代、物が買えない悲しみもこの国にはあふれているのか...
icon
2019年生まれの赤ちゃんが過去最少の90万人を下回る見通しとなった。予想より2年早いペースで進む少子化。もはや手遅れか。政府が70歳定年制に向けて動き出した。次期通常国会に法案を提出するという。なにがなんでも1億総活躍しないと、この国は持たないのだろう...
icon
元農水事務次官の76歳の父親が、家庭内で暴力を振るい続けた無職の44歳の息子を刺殺した事件。母親はうつ病になり、長女は縁談が破談し自殺したという。情状酌量の余地はもとより、違法性阻却事由があるに違いない。そう長くはない余生を二人で穏やかに送らせてあげたい...
コメント(2)
icon
女優の松本ちえこさんが60歳の若さで急逝していたことが明らかになった。死因は大動脈瘤破裂、前日まで普段と変わらない生活をしていたという。初代バスボンガールとしてブレイク、『恋人試験』が大ヒットした。あぐらをかいたあどけないジャケット。今も実家で眠っている...
icon
500匹以上のヒアリが青海ふ頭で見つかった。2年半前に尼崎市で見つかって以来、日本全国に拡大し、もうすでに定着しているのかもしれない。アナフィラキシーに気をつければ死ぬことはまずないそうだが、地面に座るお花見などのスタイルを見直す必要が出てくるように思う...
icon
過剰ノルマを原因とする郵便局員の自殺。自殺翌日にも自腹で購入した商品が届いたという。遺族にとっては遣り切れない思いだろう。厚生労働省が令和元年版「過労死等防止対策白書」を発表した。11月は過労死等防止啓発月間。そんなの“どこ吹く風”の職場がまだ少なくない...
icon
天皇陛下即位に伴う最も重要とされる儀式「大嘗宮の儀」(だいじょうきゅう-)が終了した。“自然災害を祓う祈り”といった意義もあるのだという。第70回NHK紅白歌合戦の出場者が決まった。北海道には真冬並みの寒気が入っている。残り一月半。まず今日一日を乗り切る。...
icon
昨日、皇居前広場などで天皇陛下の即位を祝う「国民祭典」が行われた。ここでも陛下は、台風や大雨で亡くなった方々へ哀悼の意を表された。立冬が過ぎ、関東の山も初冠雪。もう夏日も台風も来ないだろう。延期されたパレード「祝賀御列の儀」が穏やかな秋晴れの今日行われる...
icon
沖縄のシンボルであり世界遺産でもある首里城の正殿が焼け落ちてしまった。暑さが和らぐ季節、沖縄観光を楽しみにしていた人も多いだろう。沖縄経済に暗い影を落とし続けないか。しかし、過去4回火災に見舞われ、その度に復元されて来た。不撓不屈、5回目も乗り越えられる...
icon
一昨日また記録的大雨に見舞われた。JR千葉駅前が広く冠水するなど半世紀近く千葉に住んでいるが聞いた覚えがない。停電・断水・家屋損壊、9月の台風15号以来、記録的な大風と大雨に悩まされているが、津波と同様、また起こることを前提に復旧・復興を進める必要がある...
icon
台風19号の被害、阪神・淡路大震災、東日本大震災などに続き6例目となる「特定非常災害」に指定された。世界の0.25%の国土面積で、世界の災害被害額の11.9%を占める日本。暑さも災害級。東京五輪のマラソンと競歩が札幌で。日本にはまだ亜寒帯気候が残っていた...
icon
計画運休のため昨日の仕事は2時間ほどで切り上げ帰宅した。事前に周知されていたためか、行き帰りの電車も駅も人影はまばら。各地の河川が氾濫し、過去最強の台風19号がもたらした影響は、やはり甚大だった。一夜明け、今朝は一点の曇りもない快晴。電車が動き次第出勤だ...
icon
総社市の1期目の市議が仮病で議会を休み、夫婦で豪華客船の旅に出かけていたことが発覚した。それを肯定するわけではないけれど、夫婦二人たらい舟に乗り、微笑みながら観光を楽しむ姿を見て、正直いいなと思った。「糟糠の妻」への感謝のつもりだったとしたら、憎めないな...
icon
「金ピカ先生」と呼ばれて人気を博した元予備校の英語講師、佐藤忠志さんが68歳で亡くなった。若い人は知らないかもしれないが、僕らの世代で知らない人は少ないのではないか。晩年は生活保護を受け、その姿に往時の面影はない。『盛者必衰の理』を目で見たような気がする...
icon
この三連休、大型の台風17号が日本列島に大雨をもたらしそうだ。15号が上陸した千葉では未だに数千件が停電し断水している。秋の長雨、秋の夜長、食欲の秋、スポーツの秋。いやいや、被災地の人たちは、心身ともに疲労がピークに達し、ぐったり、げっそりの秋に違いない...
icon
電柱2000本を倒壊させるなど、甚大な爪痕を残した台風15号。過去最強クラスの台風だったから仕方ないでは済まされない。近年災害大国となった日本が、災害対策後進国では、心許ない。希望の持てない国だとしたら、幼保無償化などしても、少子化に歯止めは掛けられない...
スポンサーリンク
記事検索


Copyright © 2007-2020 「うつ」の心に癒しを。