折々雑感

カテゴリ「折々雑感」に属する記事一覧です。
icon
藤井聡太さんが史上最速最年少で七段へ昇段した。平成14年生まれの15歳は「目の前の一局一局に全力で打ち込んできたものが昇段という形で表れてうれしい」と語る。昭和30年生まれの63歳、昭和を飾る大スター西城秀樹も、一曲一曲に魂を注ぎ込んだ人だったように思う...
コメント(2)
icon
西武・そごうが東大生を対象に「全国一斉母の日テスト」を実施した。その様子がYouTubeにアップされている。いい企画だと思った。全て自分の母親に関する問題で、母親に電話して自己採点する。100問目の問題は「あなたの母が母の日を楽しみにしているかどうか書きなさい。...
icon
街を歩いていると、ジャスミンの香りがあちこちで漂っている。日差しの強さが増し、晩春という感じがする。昨日のこどもの日、故郷の新中川では、鯉のぼり祭が行われていた。南風が強く、鯉たちが勢いよく群泳していた。GWも最終日。今日は休暇。少しのんびりと過ごしたい...
icon
昨日の東京の日中は、高気圧におおわれ、湿度が低く、夏日になったとはいえ、風がとても心地よく感じた。会社では昨年より1週間早くクールビズが始まり、熱中症に警戒すべき季節が迫って来た。一方、南北首脳会談が一昨日行われた。朝鮮半島にも遅い春が訪れようとしている...
icon
生みの親と育ての親、様々な事情により異なる場合がある。赤ちゃん取り違えもその一つ。「生みの恩より育ての恩」という。一般的にはそうなのかもしれない。ただ、生みの親が分からないまま、果たしてそう思えるのかどうか。年を取るほど会いたい気持ちが増す。人情だと思う...
icon
昨夜から雨が降り出し、今朝はまた「春の嵐」になった。この時季、冬の名残りの寒気と、南からの暖気がぶつかり合い、低気圧が発達しやすいのだとか。5月には「メイストーム」かあ。外回りの仕事にとっては、真夏と並んで厳しい季節。やれやれ。雨ニモマケズ、風ニモマケズ...
icon
「アルマーニ」で注目を集めた銀座の泰明小学校で新入生56人の入学式が行われた。とにかく無事に済んで何より。同校は特認校で学区外からも通え、毎年抽選となる人気校だという。晴れの高級ブランド制服を着て、ますますピカピカの一年生。安全に楽しく学校へ通えるように...
icon
白木蓮はすっかり散り、代わって紫木蓮が今見頃を迎えている。染井吉野は、はらはらと散り始めているが、多彩な椿が次々と咲き始め、姫りんごが一両日中に花を咲かせるような様子だった。花水木の蕾が大きく膨らみ、春本番、自然がダイナミックに動き始めたように感じられる...
コメント(2)
icon
今朝の「湯のまち放浪記」は、宮城県の鳴子温泉郷だった。15分の短い再放送だが、温泉に浸る気分、旅の気分を一瞬とはいえ味わうことができる大好きな番組。湧き出る湯の音、硫黄の匂い、山にかかる霧。ちょっと充電ができたような気がする。今日も一日、淡々と乗り切ろう...
icon
少なくともここ数年、体調を大きく崩した覚えがなく、今回は「鬼の霍乱」と言うべきか。霍乱とは暑気あたりのことで日射病を指す。夏になれば毎日のように熱中症による救急搬送などのニュースが流れる。しかし、病に罹る鬼が出現しやすいのは、本当はこの春なのかもしれない...
コメント(2)
icon
東日本大震災から7年。あの日の事は忘れない。今日も仕事だが14時46分には黙祷を捧げたい。NHKが実施した調査によると、復興の遅れを感じている被災者が6割以上に及ぶ。「復興五輪」を掲げる2020年東京五輪・パラリンピック。あと2年、その姿を世界に示したい...
icon
春一番が吹き、今日はさらに気温が上がり20℃近くに達するそうです。ところで、四季の日本では、季節の変わり目を「風」で感じているように思います。春一番、白南風、初風、木枯らし1号。様々な風に名前がつけられ、自然と一体となって暮らして来たことを思い巡らせます...
icon
日本勢のメダルラッシュに沸いた平昌五輪が今日閉幕する。そして来月9日、平昌パラリンピックが始まる。パラリンピックの父ともいえるルードウィッヒ・グットマン卿の言葉が、僕自身へも問いかけているように思える。“失われたものを数えるな、残されたものを最大限に生か...
icon
平昌冬季五輪、日本人選手の金メダル第1号は、やはり羽生結弦選手だった。万感胸に迫る涙が印象的だった。五輪金メダル2連覇は、米国のディック・バトン氏が達成して以来、実に66年ぶりだという。今日は52回目の父の命日。連覇の場面は遠く離れるが、父も見ただろうか...
icon
今回の平昌五輪、時差がないから早起き・夜更かしをせずに楽しめる。昨夜はスピードスケート3000mの高木美帆選手が惜しくも5位となった。スタート台に立つまでの膨大な練習時間と幾多の苦難の連続。Heroたちの真剣に自分自身と向き合う姿に感動するのかもしれない...
icon
今日は立春。毎年この頃に思い起こされるのが「早春賦」のフレーズ、春は名のみの風の寒さや。一昨日はまた首都圏でも雪が降り、2週連続の積雪となった。ところで、シャンシャンの観覧が抽選から先着順に変わった。ピンク色の可愛い女の子が、多くの人の心に春を運び始める...
icon
先週、東京では4年ぶりの大雪となり、半世紀ぶりの冷え込みとなった。一方、本白根山が3千年ぶりに噴火し、多数の死傷者を出す事態に。今年、東日本大震災から7年、阪神・淡路大震災から23年、関東大震災から95年。天災は忘れた頃に…だから、やはり、備えあれば…だ...
コメント(2)
icon
冬至からひと月、まだ日が長くなったとは感じられない。昨日は大寒、明日は東京でも雪が降る寒い一日になるという。土日の仕事で外を歩いていると、しみじみとお日様が有り難いと思う。いや、またすぐ、恨めしく思う季節がやって来る。人間というのは、現金な生き物だと思う...
icon
「はれのひ」事件、相談件数は既に700件を超えているという。前日まで営業し、成人の日当日に計画倒産。一時は高級外車も乗り回すほど羽振りが良かったらしい逃亡中の社長。そうそう、芸能人の不倫ばっかり追うマスコミ、その粘り強さを是非この事件に生かしてもらいたい...
icon
昨日、最寄り駅へ向かう道が所々で凍結しているのをこの冬初めて見た。前夜に少し雨が降ったせいか。12月はほぼ晴れ、正月三が日も仕事始めの日も良く晴れた。明日の成人式は、生憎の曇りのち雨の予報。雨にもめげず一日心温かく過ごしてほしい。さて、うちの娘も来年かあ...
スポンサーリンク
記事検索
カスタム検索


Copyright © 2007-2018 「うつ」の心に癒しを。