うつ病関連ニュース

カテゴリ「うつ病関連ニュース」に属する記事一覧です。
icon
東京大学は2019年8月2日、研究成果として、アルツハイマー型認知症の治療薬「メマンチン」(商品名は「メマリー」)をPTSDモデルマウスに投与したところ、トラウマ記憶の忘却とともに、トラウマ体験による精神症状(不安の亢進)までもが改善されることを見出した...
コメント(6)
icon
京都大学は2019年6月20日、研究成果として、新規抗うつ薬の固定投与量を比較した77の臨床試験(19,364人)のデータを基にメタ解析したところ、承認範囲の低めの投与量で効果と副作用のバランスが最適となることを発表しています。 研究グループは今回、臨床...
icon
千葉大学と宮崎大学は2019年6月3日付プレスリリースで、抗うつ薬で改善しない社交不安症(対人恐怖症)に対して、認知行動療法が長期にわたり確かな効果をもたらすことを臨床試験により明らかにしたと発表しています。 社交不安症は、「人との交流場面で生じる著しい...
icon
慶應義塾大学は2019年4月16日付プレスリリースで、目標を達成するまで粘り強く行動を続けるには、腹側海馬(海馬の中で不安などの情動制御に関与している部分)の活動低下が必須であること、また、その活動低下はセロトニン神経の活動増加が引き起こすことを、マウス...
コメント(2)
icon
東京大学は2019年3月21日付プレスリリースで、介護施設で働く介護士の腰痛が長引くリスク因子は、心身のストレス反応を示唆する身体愁訴が多いこと、腰痛を過度にかばう思考であることが、大規模な観察研究で判明したと発表しています。 介護士の数は高齢化の進展に...
icon
富山大学は2019年3月11日付プレスリリースで、働く人の抑うつ症状の発症と抑うつ症状からの回復について、一年間の追跡調査を行った結果を発表しています。 研究グループは今回、定期的に調査を行っている公務員研究の参加者2088名のデータを用いて、抑うつ症状...
コメント(2)
icon
慶應義塾大学は2019年3月5日付プレスリリースで、マウスを使った実験により、ドライアイの予防や改善につながる新たな知見を得たことを発表しています。 研究グループは今回、マウスに対して顔に4時間にわたり風を当てるというストレス負荷を与え、次のような知見を...
コメント(4)
icon
日立製作所、自治医科大学、国際医療福祉大学、中央大学は2019年2月8日付プレスリリースで、注意欠如・多動症(ADHD)患者が自閉スペクトラム症(ASD)を併発しているかどうかの早期診断を支援するための基礎技術を開発したと発表しています。 今回発表された...
icon
滋賀大学は2019年1月29日、「滋賀大学発ベンチャー認定制度」の第1号企業に「株式会社イヴケア」を認定したことを発表しています。代表取締役は滋賀大学の大学院生で、取締役2名はいずれも滋賀大学の教授と准教授です。 同社では、少量の毛髪でストレス関連物質を...
icon
久留米大学は2018年12月14日、うつ病などの治療に用いる抗うつ薬の作用を強めるためには、海馬の歯状回という領域においてドーパミンD1受容体シグナルの増強が重要であることを発見したと発表しています。 研究グループは今回、ストレスを受けたマウスに抗うつ薬...
icon
九州大学は2018年12月8日付プレスリリースで、岩手医科大学との共同研究により開発中の、一般企業の社員がメンタルヘルスの不調を抱える同僚や部下に適切に関わるための知識とスキルを習得できる教育研修プログラムの暫定版を用いて、パイロット試験を実施したことを...
icon
東北大学は2018年12月3日付プレスリリースで、妊娠前に月経困難症に罹患していた女性は、妊娠中に精神的苦痛(精神的ディストレス)を抱えやすくなることを明らかにしたと発表しています。 月経困難症は、多くの女性が罹患し、生活の質を著しく低下させる疾患で、身...
icon
理化学研究所は2018年11月5日付プレスリリースで、「プラセボ効果」をラットで再現し、偽薬(プラセボ)による効果に前頭前皮質のミューオピオイド受容体が関与していることを明らかにしたと発表しています。 オピオイドはモルヒネ様の活性を持つ脳内の物質で、ミュ...
icon
大塚製薬は2019年1月8日付プレスリリースで、アルコール依存症患者における飲酒量の低減を効能・効果とする「セリンクロ錠」(一般名:ナルメフェン塩酸塩水和物)について、国内における製造販売承認を取得したと発表しています。 「セリンクロ錠」は国内初となる飲...
icon
沖縄科学技術大学院大学は2018年10月30日、うつ病の3つのタイプを同定し、さらに、そのうちの1つが、最も一般的に処方されている抗うつ薬である選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)による治療が難しいことを発見したと発表しています。奈良先端科学技術...
コメント(2)
icon
鹿児島大学は2018年10月24日、研究成果として、「香り」による抗不安効果と、その基盤となる脳神経回路を発見したと発表しています。 香りには抗不安効果があるといわれ、古くから民間療法として用いられてきましたが、本当に抗不安効果があるのか、また、抗不安効...
コメント(2)
icon
東邦大学は2018年10月3日付プレスリリースで、睡眠障害が肝臓の代謝を変化させ、肝脂肪の蓄積や血糖値を増加/上昇させることを、マウスを用いた研究で解明したと発表しています。 研究グループは今回、マウスを、一つは睡眠時間を6時間に制限する群(睡眠障害群)...
icon
九州大学は2018年9月27日付プレスリリースで、コンドロイチン硫酸が、海馬において神経細胞(ニューロン)が新たに生み出される際の鍵となる役割を担っていることを、世界に先駆けて発見したと発表しています。愛知医科大学、神戸薬科大学との共同研究による成果です...
icon
神奈川県は2018年10月31日付プレスリリースで、依存症患者が地域で適切な医療を受けられるようにするために、アルコール健康障害・薬物依存症・ギャンブル等依存症に関する治療を行っている県内の依存症専門医療機関を選定したと発表しています。 今回選定された依...
icon
厚生労働省は2018年10月30日付プレスリリースで、「平成30年版過労死等防止対策白書」(平成29年度我が国における過労死等の概要及び政府が過労死等の防止のために講じた施策の状況)を公表しています。 「過労死等防止対策白書」は過労死等防止対策推進法6条...
スポンサーリンク
記事検索


Copyright © 2007-2019 「うつ」の心に癒しを。