自殺既遂者の割合:男女比は7対3

自殺既遂者は、女性よりも男性の方が多いというのが現状のようです。日本の場合、自殺既遂者の男女比は、約7対3といわれています。

これとは対照的に、自殺未遂者の場合では、男性より女性の方が多いようです。

自殺の具体的な手段でも男女差があり、男性の方が首を吊るなど致命的な自殺手段を選ぶ傾向が強いようです。

女性の場合も首を吊るという自殺手段が数としては多いものの、入水や服薬といった、比較的救命の余地がある手段を選ぶ傾向があるようです。

この自殺手段を選ぶ傾向が、自殺既遂者の男女比に現れていると思われます。

なお、自殺既遂者を年齢層別にみると、1960年では、20歳代までの青少年の自殺者は全体の46%、30~50歳代は30.5%、60歳以上は23.5%だったのが、中高年層の自殺者が年々増加し、2007年では、30~50歳代で51.4%を占めており、60歳以上は34%と、高齢者の割合が3割以上を占めています。

<関連記事>
自殺は予告していることが多い
自殺未遂6割に境界性パーソナリティ障害

(2009年2月6日掲載)
スポンサーリンク
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
記事検索


Copyright © 2007-2022 「うつ」の心に癒しを。