心因性口臭(自己臭恐怖)とは?

心因性口臭とは、自己臭恐怖(自臭症)ともよばれ、他人は何の臭いも感じていない、自分の思い込みによる形に現れない口臭で、対人関係など社会生活において著しい支障を来す「心の病」をいいます。

心因性口臭の発症のピークは15歳から20歳で、女性よりも男性の方がやや多いといわれています。心因性口臭は、近年急増しており、医学界でも注目されています。

心因性口臭は、いったん口臭があると思い込むと、歯止めがきかずエスカレートします。心因性口臭の人は、医師から異常がないと言われても、たやすく納得することはありません。

心因性口臭の怖いところは、うつ病を併発し、引きこもりや自殺に至ることもある点です。事実、過去には、心因性口臭で悩んだ末に、自殺した高校生もいます。

心因性口臭の治療は、じっくり落ち着いて体から心へのアプローチが必要で、歯科医と精神科医との連携が重要になります。

また、心因性口臭の治療においては、自身から発せられる口臭が決して他人に迷惑をかけているわけではないことを、しっかりと自覚させることが重要となります。

<関連記事>
醜形恐怖症とは?

(2008年12月6日掲載)
スポンサーリンク
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
記事検索


Copyright © 2007-2021 「うつ」の心に癒しを。