うつ病回復後の復学

うつ病が回復して学校生活へ戻る場合、最初の1か月の対応が重要とされています。この対応が上手くいかないと、1週間以内にうつ病が再発したり、不登校に陥るケースが少なくないとされているからです。

復学直後の本人は、些細な出来事でも気分が不安定になったり、過敏になったりします。また、本人は、強い焦りやプレッシャー、不安も感じています。

したがって、復学前には、担任の先生とよく話し合い、本人にとって無理のない環境作りができるよう調整する必要があります。

たとえば、復学当初は教室には入らずに保健室で過ごしたり、遅刻や早退、休みを認めたり、行事やテストの時期をはずすなどの方法が考えられます。

また、環境を調整する場合は、親と先生だけで決めないで、本人の意思を尊重することが大切です。

本人のペースで少しずつ不安や焦りを取り除き、まずは学校に慣れさせることからスタートすると、本人も安心感を得られ、結果としても良いようです。

(2009年6月27日掲載)
スポンサーリンク
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
記事検索


Copyright © 2007-2021 「うつ」の心に癒しを。