THPとは?

THPとは、「Total Health Promotion Plan」の頭文字をとったもので、厚生労働省が推進する「心とからだの健康づくり運動」をいいます。

THPは、1988(昭和63)年の労働安全衛生法の改正に伴って、「事業場における労働者の健康保持増進のための指針」として公表されました。

THPでは、労働安全衛生法に基づいて、産業医が労働者の健康測定を行い、心身両面から、健康指導、メンタルケア、栄養指導、保健指導を行います。

THP活動を推進していくための体制として、産業医、運動指導担当者、運動実践担当者、心理相談担当者、産業栄養指導担当者、産業保健指導担当者の6者の専門スタッフが「健康保持増進委員会」を構成して、労働者の健康支援をする仕組みになっています。

実際には、これらの専門スタッフをすべて自社内でととのえることは難しいので、アウトソーシングを活用することになると思います。

メンタルヘルスに注目すれば、THPにおいては、健常者の心の健康の維持に重点が置かれます。特に、ストレスに対する気づきへの支援は、メンタルヘルスの維持に不可欠といえます。

(2009年8月4日掲載)
スポンサーリンク
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
記事検索


Copyright © 2007-2022 「うつ」の心に癒しを。