リタリン依存症

リタリンは製品名で、一般名を塩酸メチルフェニデートといいます。

「リタリン」の危険性』でも書きましたが、リタリンの適応症としてかつては、うつ病も入っていましたが、その乱用による依存や自殺などが社会問題化したことを受け、厚生労働省は2007年10月、正式にリタリンの適応症からうつ病を削除しています。

現在、リタリンの適応症は、睡眠障害のひとつであるナルコレプシー(突然的な睡眠発作)に限定されています。なお、リタリンと同じ塩酸メチルフェニデートを含む製品である「コンサータ錠」は、ADHD(注意欠陥・多動性障害)を適応症としています。

リタリンの添付文書には、【警告】として次の内容が記載されています。
本剤の投与は、ナルコレプシーの診断、治療に精通し、薬物依存を含む本剤のリスク等についても十分に管理できる医師・医療機関・管理薬剤師のいる薬局のもとでのみ行うとともに、それら薬局においては、調剤前に当該医師・医療機関を確認した上で調剤を行うこと。

リタリンによる依存の問題については、かなり以前から指摘されていたようで、また、幻覚・妄想などのいわゆる覚醒剤精神病に類似した症例も報告され、精神科医の間においても周知の事実だったようです。

ただ、ノバルティスファーマ社の座談会記録「うつ病患者におけるリタリンからの離脱について」によれば、理由は明らかではないとしながらも、ナルコレプシーの治療に対してリタリンを用いる場合においては、依存の問題はあまり出ていないといいます。

(2009年7月23日掲載)
スポンサーリンク
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
記事検索


Copyright © 2007-2021 「うつ」の心に癒しを。