精神障害者の公営住宅入居時の優遇策

公営住宅(公団住宅や県営住宅など)には、障害者の優先入居という制度があります。

障害者や障害者を含む世帯は、住宅に関する困窮性がより高いとして、一般の住宅困窮者よりも入居を優先しています。

一定の障害がある場合は、入居するにあたっての抽選での当選確率が高くなります。具体的には、一般の抽選よりも、5倍から7倍の高い確率で入居できる制度です。

精神障害者保健福祉手帳の障害等級によって、また公営住宅毎によって違いがありますが、たとえば、東京都の例でいうと、2種類に分かれます。

一つが、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている3級の障害者(障害年金などの受給に際し、障害の程度が同程度と判定された者を含みます。)の場合で、当選の確率が一般よりも5倍高くなります。

もう一つが、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている1級または2級の障害者(障害年金などの受給に際し、障害の程度が同程度と判定された者を含みます。)の場合で、当選の確率が一般よりも7倍高くなります。

(2009年1月31日掲載)
スポンサーリンク
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
記事検索


Copyright © 2007-2021 「うつ」の心に癒しを。