メンタルヘルス対策支援センターとは?

メンタルヘルス対策支援センターとは、2008年5月からスタートし、労働者健康福祉機構の各都道府県産業保健推進センター内に設置されている、厚生労働省の委託事業です。

メンタルヘルス対策支援センターでは、メンタルヘルス不調の予防から職場復帰の支援まで、専門の相談員が対応し解決の手助けをしています。

具体的には、メンタルヘルス全般の取り組みについて、職場の産業保健スタッフや人事労務担当者、事業主などから寄せられる様々な相談や問い合わせに対して、職場のメンタルヘルス対策に詳しい精神科医や臨床心理士などの専門家(メンタルヘルス対策促進員)が対応にあたっています。

また、メンタルヘルス対策支援センターでは、メンタルヘルス対策促進員が職場に出向き、心の健康づくり計画の策定や職場内の体制整備、労働者への啓発など、職場のメンタルヘルス対策を進めるにあたってのアドバイスや支援を実施しています。

なお、労働者個人やその家族からのメンタルヘルス不調に関する相談にも対応していますが、メンタルヘルス対策支援センターは医療やカウンセリングを提供する機関ではないため、適当と判断される専門の医療機関などを紹介しています。

(2009年10月14日掲載)
スポンサーリンク
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
記事検索


Copyright © 2007-2022 「うつ」の心に癒しを。