メンタルヘルス対策の具体的推進

厚生労働省労働基準局長から各都道府県の労働局長に対し2009年3月26日付で、「当面のメンタルヘルス対策の具体的推進について」という通達が発出されています。

この通達の発出には、経済情勢の悪化などの影響により、健康面において労働者を取り巻く状況は今後一段と厳しさを増すことが予想され、これに伴い自殺予防対策を含めた労働者のメンタルヘルス対策の推進が従前にも増して重要な課題となっていることが背景にあるようです。

心の健康問題の未然防止に向けた事業所の取り組みを促進させるため、通達では基本方針として、事業者の強いリーダーシップと組織的な取り組みが重要であるとしています。

通達では、精神障害などによる業務上の疾病が発生した場合の再発防止対策の指導の実施として、精神障害などによる業務上の疾病が発生した事業所に対して、再発防止の措置を行うよう必要な指導を行うことを各労働局に指示しています。

また、再発防止の措置にあたっては、衛生委員会や安全衛生委員会において、労働安全衛生法に基づく「労働災害の原因及び再発防止対策」について調査審議を行わせるといった、厳しい態度で臨むことを指示しています。

(2009年8月24日掲載)
スポンサーリンク
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
記事検索


Copyright © 2007-2020 「うつ」の心に癒しを。