行為障害(CD)と非行

行為障害(CD:Conduct Disorders)とは、他者の人権や年齢相応の社会的ルールの侵害を6か月以上反復・継続するもので、一般的にいわれる「非行」と内容的に変わりはありません。

行為障害は、人や動物に対する攻撃、物の破壊、窃盗など、重大な反社会的行為の有無によって診断されます。

行為障害は、発症年齢により2つに分類され、10歳前に発症する場合を小児期発症型、10歳以降に発症する場合を青年期発症型といいます。

小児期発症型の行為障害は、攻撃的行動が強く、成人後においても反社会的な経過をたどり、「DBDマーチ」を形成しやすいとされています。DBDマーチのDBDは、破壊的行動障害や崩壊性行動障害を意味する「Disruptive Behavior Disorders」の頭文字をとったもので、マーチ(march)は進展を意味します。

一方、青年期発症型の行為障害は、攻撃的行動は少なく、友人関係も良好な軽症例が多いとされています。

なお、挑発的で理屈っぽく、不従順な言動は示すものの、重大な反社会的行動には至らない程度のものは、反抗挑戦性障害とよばれています。ADHD(注意欠陥・多動性障害)と診断された子供の約4割が反抗挑戦性障害の診断基準を満たし、そのうち約3割が思春期前後から行為障害を示すといわれています。

行為障害や反抗挑戦性障害は、子供の素因と養育・教育などの環境要因が、その時代の文化的要因と複雑に絡み合い生じると考えられています。

(2009年12月31日掲載)
スポンサーリンク
この記事へのコメント
1. Posted by みのちゃん   2012年05月03日 22:45
行為障害で思い出すのは、1997年頃に神戸市で発生した「酒鬼薔薇聖斗」事件の少年Aですね。彼も大人になって罪を償っているのだから、「罪を憎んで人を憎まず」と言いたい。でも、被害者の女の子の両親は一生トラウマみたいな後遺症に苦しむと思います。交通事故でも同じことです。滋賀県精神保健総合センターの[運営者にて個人名を削除]という臨床心理士(顔はダーリンは外国人のトニーそっくり)が30才を過ぎた僕に行為障害だと言ったが、広汎性発達障碍と主治医は言っていた。どっちが正しいのと聞きたくなりました。PDD−NOS??アスペルガー症候群はやっぱり頭が良い人が多いのかな?知能の偏り?精神病質?
2. Posted by 運営者どすこい   2012年05月04日 05:42
みのちゃん
はじめまして。どすこいです。
被害者やその家族は、一生苦しむと私も思います。また、「罪を憎んで人を憎まず」は、少なくとも第三者が被害者やその家族に対して使う言葉ではないと思います。
診断について疑問があれば、主治医に問い質して行きましょうよ。納得できなければ、治療に身が入らないですからね。
追伸
臨床心理士の個人名が掲げられていましたが、必要性がないと判断し削除致しました。
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
記事検索


Copyright © 2007-2021 「うつ」の心に癒しを。