PDDNOSと広汎性発達障害

広汎性発達障害の割合(有病率)は、約1%といわれています。また、広汎性発達障害の男女比は、男子が女子の2〜3倍多いといわれています。

広汎性発達障害の中で過半数という高い割合を占めているのが、特定不能の広汎性発達障害(PDDNOS)です。PDDNOSに次いで多いのが自閉症で、約3割を占めています。

PDDNOSとは、「PDD not otherwise specified」の頭文字をとったもので、日本語としては先のとおり「特定不能の広汎性発達障害」と訳されています。

PDDNOSは、自閉症と同じような障害はあるものの自閉症の診断基準を満たすほどの症状がないか、発症が3歳以降か、あるいはその両方である広汎性発達障害の一類型とされています。

PDDNOSの有病率は1,000人に3人程度とされ、自閉症よりも高い有病率が推測されています。男女比は、自閉症と同程度で、男子が女子の3〜4倍と、男子に多くみられます。

PDDNOSの自閉的症状は自閉症より軽く、また、PDDNOSの場合、アスペルガー症候群に次いで高い能力を持つことが多いといわれています。

<関連記事>
自閉症原因:発達期セロトニン異常の可能性
脳の発達と出生の関係

(2010年1月28日掲載)
スポンサーリンク
この記事へのコメント
1. Posted by みのちゃん   2012年05月05日 05:26
僕の場合、PDD−NOS?という診断名
ですが、Wikipediaで調べたら、
日本ではあまり知られていないようです。
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
記事検索


Copyright © 2007-2020 「うつ」の心に癒しを。