ギャンブル依存症と借金問題

ギャンブル依存症の最大の問題は、借金です。

ギャンブル依存症の場合、必ずお金が絡んでくるので、大金持ちであれば問題になりませんが、ほとんどのケースにおいて、ギャンブルに使う資金は早期に枯渇し、借金をして調達します。

サラ金やヤミ金から借金して、結局経済的に破綻します。また、ギャンブル依存症の人の多くが、負けた分はギャンブルで取り返そうと考え、地道に働こうという発想はありません。

ギャンブル依存症も他の依存症と同様、家族を巻き込み、家庭崩壊につながる危険が非常に高いのです。

ギャンブル依存症の治療の決め手となるものは、現在のところありません。したがって、ギャンブル依存症を治療する医療機関も極めて少ないというのが現状です。

家族の対応としては、決して本人に金銭を与えたり、借金の肩代わりをしたりしないことです。

<関連記事>
買い物依存症と家族の対応

(2010年3月8日掲載)
スポンサーリンク
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
記事検索


Copyright © 2007-2021 「うつ」の心に癒しを。