不眠とストレス解消

現代はストレス社会です。仕事に忙殺されたり、人間関係の複雑化などで強いストレスを受け続けることが多くなっています。

精神的ストレスが就寝するまで持続し、不眠に悩む人が増加しています。安眠や質の良い睡眠を得るためには、日中に受けた精神的ストレスを和らげてリラックスする必要があります。

ただし、ストレス解消とばかりに、嗜好品や飲酒が過ぎてしまうことには気をつけなければなりません。嗜好品やアルコールは、それ自体が不眠を招き、また睡眠の質を悪化させる場合があるからです。

ストレス解消法は人それぞれで異なりますが、適度な運動や趣味など、日常の仕事から解放される時間の確保が大切です。

人間の自律神経は、交感神経と副交感神経の2つに分けられ、通常、意志とは無関係にこの2つの神経がバランスよく働き、様々な場面で状況に応じてどちらかの神経が優位になります。

交感神経が優位になると、体全体がいわば戦闘モードになります。血圧や脈拍が上がり、精神的にも緊張します。これに対して、副交感神経が優位になると、気分的にゆったりとして、血圧や脈拍が下がり、食欲も旺盛になります。

このようなことから、不眠を改善するためには、どうしても副交感神経優位の状態を維持する必要があるのです。具体的には、たとえば、ぬるめのお風呂にゆっくり入ると副交感神経が優位になります。逆に熱いお湯だと、それがストレスになり交感神経が優位になってしまいます。

<関連記事>
不眠に注意:40歳は初老

(2010年7月6日掲載)
スポンサーリンク
この記事へのコメント
1. Posted by 仲村   2010年07月09日 01:49
こんばんは
夜中遅くにすみません。
最近、日記をつけ始めました。
変なことしか書いていませんが、少し心が落ち着きます。
薬を飲んでも眠れない日が多くなってきました。
今日のように深夜2時近くまで起きている日もしばしば…
学校のことなどを考えると不安になって眠れません。
朝が来るのが恐いです。
起きるのが苦痛です。
ずっと夜ならいいのに…
2. Posted by 運営者どすこい   2010年07月09日 07:43
仲村さん
日記をつけ始めたのですね。変なことでも気にせず書いていきましょう。書く時にあまり価値判断をしない方がいいですよ。
ずっと夜ならいいのに…分かりますね。眠れない日が多いとありましたので、次の診察の時に先生に相談してみてね。
3. Posted by ももか   2013年02月20日 01:37
寝る前や、仕事に行く前の時間に、気持ちが落ち込むようになりました。私がいなくても、しごとはまわるのに、むしろ迷惑を掛けてばかりなのに行かない方がいいんじゃないか。と、考えてしまいます。
でも、周りには落ち込んだりしていることを知られたくなくて、笑うようにしてるんですがそれもまた、辛いです。
4. Posted by 運営者どすこい   2013年02月20日 09:04
ももかさん
平静を装うと、本心とのギャップが、余計辛く感じさせるときがありますね。最近、仕事や人間関係において何かありましたか?
5. Posted by ももか   2013年02月20日 23:14
 特に、仕事のことが多いように思えます。 
 仕事を始めるようになってから、自分の苦手なことが際だって目立つように思えてきました。元々、物事を忘れやすいので、メモを取って対応していたのですが、最近はそのメモを取ることを忘れたり、メモを取っていたのにそのことを忘れたり、仕事の優先順位がつけられず、パニックになりあたまが真っ白になってしまったり・・・。何で、こうなるのか、経験不足という言葉では片づけられないんじゃないかと毎日毎日気分が落ち込みます。周りの人が普通に出来ることを出来ない自分が本当に嫌いです。私には、普通に生きることが出来ない、生きにくいと思ってしまいます。
6. Posted by 運営者どすこい   2013年02月21日 09:05
ももかさん
焦って足が地に着いていないように思います。まず、仕事の優先順位をつけましょうか。
カード(小さい紙切れ)一枚に一つの仕事を書いてください。それを重要度順に縦に並べ替えてください。そして、一番上のカードに書かれた仕事と『一対一』の勝負をしてください。私が実践している方法でもあり、お勧めです。
7. Posted by ももか   2013年02月22日 00:27
分かりました。やってみます。
8. Posted by ももか   2013年02月24日 02:17
 やってみました。時間があるときは、出来ました。ですが、時間が決められていたりその場ですぐ対応しなければならない仕事がたくさん来ると、メモを取りじっくり考える時間がもてず、また失敗してしまいました。
9. Posted by 運営者どすこい   2013年02月24日 09:06
ももかさん
時間的な余裕がない場合は、カードを作ることもじっくり考えることもできませんね。ただ、基本は同じ『一対一』です。仕事と『一対一』で向き合うことにより、少しでも精神的な余裕を持つことが大事です。
時間的余裕のない仕事がたくさんある場合は、最も余裕のない仕事から取り組みましょう。余裕のなさが同じならば、来た順番に取り組みましょう。いずれの場合も、もし自分の力だけでは対応しきれないときは、すぐに上司に相談してくださいね。
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
記事検索


Copyright © 2007-2021 「うつ」の心に癒しを。