原発性不眠とは?

原発性不眠とは、不眠の原因となるような身体的な疾患や精神的な疾患、ストレスや薬物による影響がないにもかかわらず、慢性的な不眠が持続するものです。原発性不眠は、非器質性不眠ともいい、一般的にいわれる不眠と同じ概念です。

原発性不眠では、覚醒時において、抑うつ気分や意欲の低下、思考力の低下、疲労感などを自覚します。また、不眠に対する過度のとらわれや不安が特徴です。

不眠に対する過度のとらわれから、昼間の緊張度を高め、また、夜間では頑張って眠ろうとする余り、かえって入眠を妨げる結果となります。

しかし一方で、たとえばテレビを見ていたり読書をしている時に眠くなるなど、眠ろうと意識していない時に眠気を催す場合が多くあります。さらに、通常では眠りを妨げるような環境、たとえば病院の検査室などにおいて眠気を催す場合もあります。

原発性不眠は、多くが成人以降で発症し、加齢とともに発症頻度が高まります。不眠を訴える人の2割程度が、原発性不眠だといわれています。

原発性不眠では抑うつ気分や意欲の低下など精神症状がみられることから、うつ病仮面うつ病との鑑別が重要とされています。

<関連記事>
不眠とストレス解消

(2010年8月3日掲載)
スポンサーリンク
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
記事検索


Copyright © 2007-2021 「うつ」の心に癒しを。