マザリーズと産後うつ

理化学研究所は2010年8月10日付プレスリリースで、乳幼児に向けて自然に発する「マザリーズ」が、単なる気持ちの高揚ではなく、言葉を伝えようとする意図の表れであることを突き止めたと発表しています。理研脳科学総合研究センター、昭和音楽大学、埼玉大学との共同研究による成果です。

マザリーズ(motherese)とは、乳幼児に向けた、意識するしないにかかわらず自然と口をついて出る、声の調子が高くゆったりとしたリズムの話し方をいいます。マザリーズは、乳幼児の言葉の獲得や情緒を育む重要な養育行動の一つとされています。

マザリーズは、ほぼすべての言語圏や文化圏で見られる現象とされています。また、個人差はあるものの、人間において共通に備わるメカニズムと考えられています。

研究チームは、次の6つの被験者グループ(各20名)を対象に、マザリーズを聞いた時の脳活動を計測しています。
  1. 親の経験のない男性
  2. 親の経験のない女性
  3. 前言語期(乳児が言葉を話す前の時期)の乳児の父親
  4. 前言語期(乳児が言葉を話す前の時期)の乳児の母親
  5. 二語文期(「ママ、だっこ」など)の幼児の母親
  6. 小学一年生の児童の母親

その結果、「前言語期の乳児の母親」において最も盛んな脳活動が見られ、その部位は、言葉を司る言語野であることが明らかにされています。このことから、言葉を話せない乳児に、母親が何とか言葉を伝えようとしている意図を読み取ることができます。ちなみに、「前言語期の乳児の父親」では、母親のような脳活動は見られなかったようです。

産後うつに罹った母親はマザリーズを話さず、平坦な口調になるといわれています。また、マザリーズを話さない状態が続くと、乳幼児へ悪影響を及ぼすことが指摘されているといいます。

今後さらにマザリーズの解明が進み、産後うつの診断技術向上や、乳幼児を持つ母親のメンタルヘルスケアにつながることが期待されています。

(2010年8月19日掲載)
スポンサーリンク
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
記事検索


Copyright © 2007-2022 「うつ」の心に癒しを。