優越の錯覚:心の健康のバロメーター

数多くの心理学研究によって、自分は平均より優れていると思うこと(優越の錯覚)は、健康な心の証しであることが明らかにされています。他人より優れていると錯覚することで、人は自分の可能性を信じて未来への希望や目標に向かうことができると考えられています。一方、抑うつ状態では、自分について現実的な捉え方をすることが知られています。

この「優越の錯覚」について、科学技術振興機構と放射線医学総合研究所は2013年2月26日付プレスリリースで、その脳内メカニズムを世界で初めて明らかにしたと発表しています。

健常男性24名を被験者とする実験で次のようなことが明らかにされ、今後、うつ病診断のバイオマーカーや、症状を標的とする治療法の開発につながることが期待されます。

■優越の錯覚は、抑うつの程度と相関する。つまり、抑うつの程度が低いと優越の錯覚は強まり、抑うつの程度が高いと優越の錯覚は弱まる。

■優越の錯覚は、前部帯状回と線条体(どちらも行動や認知を制御する脳の部位)の機能的結合の度合いと相関する。つまり、機能的結合が弱いと優越の錯覚は強まり、機能的結合が強いと優越の錯覚は弱まる。

■前部帯状回と線条体の機能的結合の度合いは、線条体におけるドーパミン受容体密度と相関する。つまり、ドーパミン受容体密度が低いと機能的結合は弱まり(→優越の錯覚は強まる)、ドーパミン受容体密度が高いと機能的結合は強まる(→優越の錯覚は弱まる)。

<関連記事>
憂うつと自己評価

(2013年3月3日掲載)
スポンサーリンク
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
記事検索


Copyright © 2007-2022 「うつ」の心に癒しを。