新型コロナが教える「空」-他

続投か退陣か五分五分だとされていた中、国民の負託に応えられないとして、一昨日、安倍総理が辞任を表明した。二度目となる志半ばでの辞任。まさに文字どおり「断腸の思い」だったに違いない。平家物語の一節を思い出す。“たけき者も遂にはほろびぬ、偏に風の前の塵に同じ”

では、先週の折々雑感です。

■厚生労働省と経済産業省が2020年7月29日付で「新型コロナウイルス感染症により亡くなられた方及びその疑いがある方の処置、搬送、葬儀、火葬等に関するガイドライン」を共同で公表し、遺族の気持ちに応えることと、関係者の安全・安心の両立を図ろうとしています。

岡江久美子さんが新型コロナによる肺炎で亡くなって4か月。所属事務所がお別れ会を断念した。感染防止のため、入院中の面会も叶わず、最期にも火葬にも立ち会えず、遺骨箱が玄関前にぽつんと置かれた。夫の大和田獏さんの胸中を思うと胸が痛む。この世のすべては「空」だと新型コロナが改めて教えた。
(2020.8.25 Twitter@kokorogより)

■JR九州では宅配便荷物を九州新幹線で運ぶ「貨客混載事業」の協業を佐川急便と基本合意したようです。余剰スペースの有効活用による収入増と集配効率のアップという両者の思惑が一致したようです。

夏の暑さにも負けぬコロナ。各新幹線の乗車率が軒並み前年を大きく下回る中、乗客がめっきり減った東北新幹線の空席で、魚介類を運ぶ試みが始まった。空気を運ぶよりいい。「ワーケーション」などの絵空事を並べるよりずっといい。乗用から人荷用へ。これもニューノーマルの一つになるのかもしれない。
(2020.8.28 Twitter@kokorogより)

(2020年8月30日掲載)
スポンサーリンク
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
記事検索


Copyright © 2007-2020 「うつ」の心に癒しを。