春まだ遠し-他

今日で1月も終わり。あっと言う間の一月だった。そして今年一年もコロナ一色であっと言う間に終わるのか。いや、それだけは勘弁。去年は中止となった江戸川区花火大会。今年は是非見に行きたい。忘れかけていた当たり前の日常の有り難さを、このコロナ禍から学ばされている。

では、先週の折々雑感です。

■この日の都心、午後2時くらいから大粒の雪が降り始めました。南岸低気圧のせいか、風も強く、とても寒い一日でした。

昨日は出社日だった。リモートワークが進む我が社。緊急事態宣言が出された後、さらに出社人数が減っている。相変わらず請求書が紙でしか届かないケースも多く、誰かが出社して対応しなければ会社は回らない。今日は在宅で、ぬくぬくと温かい。ある意味でコロナ禍が生活にメリハリをもたらしてくれた。
(2021.1.29 Twitter@kokorogより)

■今年の立春は例年より1日早い2月3日で、なんと124年ぶりなのだそうです。

幸い我が社ではリモートワークが進んでいるが、世の中あまねく浸透しているわけではない。国は「出勤者数の7割削減」を求めているが、実態とはかなり乖離。通勤電車はコロナ禍前ほどではないにせよ混雑し、緊急事態宣言など、どこ吹く風といった雰囲気さえある。新規感染者数は高止まり。春まだ遠し。
(2021.1.30 Twitter@kokorogより)

(2021年1月31日掲載)
スポンサーリンク
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
記事検索


Copyright © 2007-2021 「うつ」の心に癒しを。