義父逝去-他

昨日は義父の火葬式だった。親族5人だけだったけれど、よく晴れて春の陽気に包まれた、穏やかな温かいお別れだった。マッサージを施してくれたお蔭で、微笑んでいるようなお顔だった。出棺前、20年以上ぶりに6人揃って写真を撮った。先に行くか後から行くか、の違いだけ。

では、先週の折々雑感です。

■変異ウイルスの広がりもあり、専門家の間でも「第4波」到来の可能性が高いとされています。日本はどこへ向かって行くのか、まったく見えません。

昨日の通勤電車、行きも帰りも混んでいた。緊急事態宣言が解除された翌日、宣言解除だけの理由ではないのだろうが、ディズニーが営業時間を延長し、イベント人数が緩和され、日本経済が再び本格稼働し始めている。そして明後日、聖火リレーが福島県楢葉町からスタートする。難問山積、前途多難の船出。
(2021.3.23 Twitter@kokorogより)

■義父が元気だった頃、よく二人で日本酒をたくさん飲んだことが思い出されます。

危篤を何度も乗り越えてきた義父が亡くなった。義母、妻、娘が声を掛け続け、血中酸素量も一時上がったのだが、令和3年3月24日(水)14時21分、息を引き取った。入院先の部屋から満開の桜が見えたという。義父も眺めていたか。見舞いにも行かずに申し訳ない。この土曜日、親族5人での火葬式。
(2021.3.25 Twitter@kokorogより)

(2021年3月28日掲載)
スポンサーリンク
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
記事検索


Copyright © 2007-2021 「うつ」の心に癒しを。