青春のカメラ-他

震度7を2度も記録し、甚大な被害をもたらした熊本地震から五年。未だ400人を超える被災者が仮設住宅で生活する。今なお活断層がずれ動き、次の地震につながる恐れがあるという。豪雨の脅威も続き、コロナ禍の終息が見通せない。「創造的復興」を果たせる日は、未だ遠い。

では、先週の折々雑感です。

■2016年のリオデジャネイロ五輪で112年ぶりに復活したゴルフ。東京五輪の種目にも採用されており、彼の活躍も楽しみです。

男子プロゴルフの4大メジャーの一つ「マスターズ」で、松山英樹選手が日本人初の優勝を果たした。母校の東北福祉大学でも歓喜に沸いた。今も住民票を仙台に置くという。東日本大震災から十年。被災地の人々はもちろん、日本中の多くの人々の心を温かくした、本当に久しぶりの明るいニュースだと思う。
(2021.4.13 Twitter@kokorogより)

■高校の入学祝いとして祖父に買ってもらったのが「Nikon FE」。娘が生まれた際にも活躍してくれました。

コロナの影響ではなく、もっぱら時代の流れなのだろう。カメラ雑誌「日本カメラ」が今月発売の5月号を最終号として休刊、創業73年の会社は今月末で解散するという。中学高校時代にカメラにはまり、毎月この雑誌を買って読んでいた。自宅に即席の暗室を作り現像をやったこともある。青春の一ページ。
(2021.4.16 Twitter@kokorogより)

(2021年4月18日掲載)
スポンサーリンク
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
記事検索


Copyright © 2007-2021 「うつ」の心に癒しを。