五輪開催、風当たり強く-他

GW初日の太平洋側では春の嵐になった。観光地では人影もまばらな一方で、新橋や渋谷などにあるPCR検査センターでは大行列ができた。帰省するにあたって検査を受ける人が多いという。「陰性証明書」が、県境を越える際の現代版「通行手形」となりつつあるのかもしれない。

では、先週の折々雑感です。

■コロナ禍でなければ特段ニュースになるようなことではありませんが、医療体制の逼迫度が増す中、タイミングが悪すぎました。

東京オリンピック・パラリンピック組織委員会が日本看護協会に看護師500人の派遣を要請した。組織委としては当然すべきことなのだろうが、ますます五輪開催への風当たりが強くなるだろう。ふと思う。緊急事態宣言が出されても人出が減らない。開催反対という国民の意思表示と捉えられなくもないか。
(2021.4.27 Twitter@kokorogより)

■「晴耕雨読」という悠々自適の生活を、ちょっとだけ味わえそうな気がします。

今日からGW。千葉は生憎の雨降りから始まった。東京には緊急事態宣言が出され、首都圏の4都県知事から都県境を越える移動の自粛とステイホームが呼び掛けられ、「生憎」というよりも、「絶好」といった方が良いのかもしれない。そうであれば、たまにはスマホを手から離して、静かに読書に励もうか。
(2021.4.29 Twitter@kokorogより)

(2021年5月2日掲載)
スポンサーリンク
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
記事検索


Copyright © 2007-2021 「うつ」の心に癒しを。