うつ病に効果がある精神療法

うつ病の治療の基本は、抗うつ薬などの「薬の服用」と「休養」ですが、うつ病は強いストレスがきっかけとなっている場合が多いので、うつ病の本人自身が心の問題に気づくように、さまざまな精神療法が開発されています。

ちなみに、私は「認知療法」が合っていると直感的に思ったので、この認知療法の考え方を独学で理解し実践しています。

注意しなければいけないのは、うつ病の急性期においては、各種精神療法に取り組むことはやめた方がよいということです。

うつ病の治療は、まずは、薬の服用と十分な休養、これが第一です。

精神療法は、気分的に安定してきてから、始めるようにしてください。

■認知療法
認知療法では、気分や感情というものは、物事の捉え方ひとつで変わるものだという考えがベースになっています。
物事の捉え方の歪み(認知療法では「認知の歪み」といいます。)を修正することによって、抑うつ気分を改善しようという精神療法です。

■対人関係療法
対人関係療法は、うつ病のきっかけとなった対人関係の問題を整理することで、うつ病を改善しようという精神療法です。

■行動療法
行動療法は、自分が行った行動の成果が見えるように行動目標を設定することによって、うつ病を改善しようという精神療法です。

■森田療法
森田療法は、古くからある日本独特の精神療法で、特に強迫性障害に対する効果が高いとされています。

■集団療法
集団療法は、同じうつ病を患う患者同士が集団生活することで、うつ病を改善しようという治療法です。

■家族療法
家族療法は、うつ病患者とその家族全体をケアの対象とした精神療法で、うつ病発症を個人の問題ではなく家族の問題の一部と捉えて、家族そのものに対してカウンセリングを実施します。

■内観療法
内観療法は、自分の心を静かに見つめることで、問題点に気づかせる精神療法です。

■バイオフィードバック法
バイオフィードバック法では、機械を用いてリラックスする訓練をします。

■箱庭療法
箱庭療法は、砂や木、石などを使って箱庭を作るなどの作業をしながら、治療効果を上げていきます。

■音楽療法
音楽療法では、音楽を聴いたり演奏して、リラックスし、心を癒していきます。

■カウンセリング
カウンセリングは、カウンセラーと話し合ううちに、自分で立ち直らせる力を付けるものです。
カウンセリングは、精神保健の分野はもちろん、学校教育や産業の分野でも幅広く活用されています。

<関連記事>
強迫性障害(OCD)の精神療法

(2008年4月9日掲載)
スポンサーリンク
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
記事検索


Copyright © 2007-2022 「うつ」の心に癒しを。